マグミクス | manga * anime * game

アニメ『ダイの大冒険』2大ヒロイン、マァムとレオナ 前作未登場のシーンに期待!

カリスマ性を持ったおてんばな姫 ダイの初めての友達レオナ

原作:三条陸、マンガ:稲田浩司『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』第15巻(集英社)。表紙にレオナが描かれる
原作:三条陸、マンガ:稲田浩司『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』第15巻(集英社)。表紙にレオナが描かれる

 パプニカ王国の姫君であるレオナ。賢者になるための儀式でデルムリン島を訪れ、そこでレオナはダイと出会います。そして、モンスターたちに囲まれて育ったダイにとって、人間として初めての友達となります。

 魔王軍が侵略を始めた時、ダイを鍛えるために勇者の家庭教師としてアバンを向かわせたのもレオナで、この物語のきっかけを作った人物と言えるでしょう。

 行動的で思ったことをハッキリと言うのがレオナのいいところ、まさにおてんばな姫様という感じです。周りの人たちも振り回されっぱなしで、いつもレオナのペースに乗せられてしまいます。

 しかし、王族としての自覚は高く、公的な場面では普段とは違った高貴で凛々しい表情を見せます。そして、アバンの使徒と同様に正義のため、命をかけて悪に立ち向かう勇気も持ち合わせています。

 さらに賢者としての能力も高く、作品中でも回復魔法は右に出る者はいないと言われ、攻撃魔法も使える魔法の万能選手とまで言われています。

 惜しむらくは王女としての後方支援が本来の居場所で、パーティー内での活躍が少ないことでしょうか。

 そのレオナを新しく演じることになったのが早見沙織さん。美少女役が多く、透明感のある声が魅力的な声優さんです。早見さんの演じていたキャラで私がもっとも印象に残っているのは、『魔法つかいプリキュア!』の花海ことは / キュアフェリーチェです。天真爛漫なはーちゃんと、どこか高貴な面を持つキュアフェリーチェというふたつの面を巧みに演じています。レオナとかぶる部分ありますね。

 ちなみに前作でレオナを担当していた久川綾さんも美少女役が多く、その声に魅了された人も多かったですね。

前作のアニメではパーティー入りしてすぐに最終回を迎えたため、活躍する場面は少なくなってしまいましたが、今回のアニメではレオナの見せ場を存分に堪能できることと思います。今から楽しみですね。

 ヒロインと言えば、普通は守られる存在と思われがちです。しかし、『ダイの大冒険』の2大ヒロインは守られるだけでなく、随所で活躍シーンを見せてくれる自立したヒロインです。

 あなたはマァム、レオナ、どちらのヒロインが推しでしょうか?

(加々美利治)

【画像】新作アニメ『ダイの大冒険』前作とビジュアルを比較

画像ギャラリー

1 2