マグミクス | manga * anime * game

『バトルアスリーテス 大運動会』の復活が話題になった理由 美少女になりたい願望?

2020年8月31日、TVアニメ『バトルアスリーテス 大運動会ReSTART!』の製作と放映が発表されました。『バトルアスリーテス 大運動会』は、1997年からTVアニメとOVAを中心にメディアミックス展開が行われ、熱烈なファンを生み出した伝説の美少女スポ根アニメ。その復活がなぜ大きな話題になったのかを推測します。

美少女になって輝きたいという願望

『バトルアスリーテス 大運動会』画像は OVA&TV DVD SET(ジェネオン エンタテインメント)
『バトルアスリーテス 大運動会』画像は OVA&TV DVD SET(ジェネオン エンタテインメント)

 VTuber(バーチャルYouTuber)の活躍が、とどまるところを知りません。ホロライブプロダクションの所属生を中心とした有名キャラクターともなると、投稿した新作動画が必ずと言っていいほどSNSのトレンドに上がり、なかにはいわゆる「投げ銭」で、瞬時に巨額の売上を稼ぎ出す人もいます。

 もちろん、男性をかたどったVTuberも多いですが、第一線級に女性VTuberが目立つのは、「バ美肉」という言葉の持つ真実性を、はからずも証明しているのかもしれません。「バ美肉」というのは「バーチャル美少女受肉」の略で、バーチャルの世界で美少女として受肉し、その姿でチヤホヤされ、何かをしてみたいという願望のこと。そんな想いを心に秘めてリアルの世界を生きる人は、案外、少なくないのです。

 美少女アイドルを熱烈に「推す」気持ちの本質も、男の性欲とはむしろ相反する、「美少女に感情移入して、美少女と同じ物語を共に生きたい」という気持ちだといいます。確かに、美少女アイドルを推すファンには、男性だけでなく女性も多く見られます。

「僕(私)も彼女のように、どこまでも純粋な気持ちで、夢に向かってひたむきに頑張りたい!」「彼女のように、キラキラと輝く美少女に自分もなりたい!」そんな気持ちが熱狂の本質なのだとしたら、美少女を主役にしたアイドル物だけでなく、スポーツ物のアニメが人気を呼ぶ理由も分かる気がします。『ガールズ&パンツァー』の戦車(タンク)バトルは、作中では戦車道という武道スポーツとして描かれていますし、純粋に実在するスポーツとして野球を描いた『八月のシンデレラナイン』のような作品もあります。アイドル物の金字塔「ラブライブ!」シリーズも、特にTVアニメのファーストシリーズは、内容的にはスポ根物にかなり近いものがあります。

 2020年8月31日、TVアニメ『バトルアスリーテス 大運動会ReSTART!』の製作と放映が発表され、SNSを中心に大きな話題になりました。

 1997年から1998年にかけてTVアニメとOVAを中心にメディアミックス展開が行われた 『バトルアスリーテス 大運動会』は、未来の宇宙に暮らす女の子達が、宇宙一の座をかけてさまざまなスポーツで真剣に競い合うという、まさに美少女スポ根物の典型。メディアミックス展開が行われていた当時、夢中になっていたファンは、戦う少女達を応援するのと同時に、できるものなら彼女達になり替わりたいと、心の底では願っていたのかもしれません。

【画像】『バトルアスリーテス 大運動会ReSTART!』ビジュアルを見る

画像ギャラリー

1 2