マグミクス | manga * anime * game

「スーパーカーブーム」を駆け抜けたTVアニメたち。子供たちが歓迎した作品は…?

1970年代後半に男の子たちを熱狂させたスーパーカーブーム。そこには、子供たちがどうしてスーパーカーに熱中したか理解できない大人たちもいたのです。スーパーカーブームのなかで子供たちの興味をひいた数々のグッズやテレビ作品を振り返ります。当時の熱く燃えたスーパーカーへの気持ちを思い出してみましょう。

スーパーカーブームで男の子を熱狂させたものとは?

『サーキットの狼』Kindle版第1巻(ゴマブックス)
『サーキットの狼』Kindle版第1巻(ゴマブックス)

 かつて日本中の男の子を熱狂させたスーパーカーブーム。そのきっかけは「週刊少年ジャンプ」に1975年から連載されていたマンガ『サーキットの狼』と言われています。このマンガの人気がどれくらいかと言うと、アニメにならなかったのが不思議なほどの勢いだったのです。

 カバヤで販売された「エフワンガム」というオマケ付きガムのCMキャラクターになり、日東からは劇中に登場したバージョンのスーパーカーのプラモデルが発売されています。しかも、このシリーズは好評で長期に渡って展開し、最終的にはF1までラインナップされています。

 そんな『サーキットの狼』をきっかけにスーパーカーの魅力に取り付かれた男の子たちは、実際のスーパーカー目当てにさまざまな場所へカメラを持ち込んで撮影を始めます。これが当時、社会現象としてニュースなどで取り上げられ、大人たちもその熱狂ぶりに気づきます。

 この時期にヒット商品となったのが、スーパーカー消しゴムです。おもに20円ガチャで1個出るもの。消しゴムといっても実際に鉛筆の線は消せなかったのですが、学校に持ち込むための口実としては有効。ただし、アッという間に先生から「持ち込み禁止」と言われましたが(笑)。

 このスーパーカー消しゴムを使った遊び方は、ボールペンのノック機構を利用して飛ばし、レースをしたり、相撲のように相手に当てて机から落としたりと、さまざまでした。

 さらに、スーパーカーの魅力のひとつと言えば、可動式のリトラクタブル・ヘッドライト。それを再現した玩具、プラモデルは数多く販売されて人気でしたが、実際の自転車に装備されて販売されたものもあったのです。私、買ってもらえましたから(笑)。

 そして、この時期に制作されたのが東京12チャンネル(現在のテレビ東京)で1977年7月4日から放送開始した「対決!スーパーカークイズ」です。スーパーカーに関するクイズだけでなく、番組後半では実際のスーパーカーによるレースもあって、男の子たちには満足できる内容だったのです。

 この番組の人気は、現在でも当時の男の子たちがスーパーカーの話題をすると必ず出てくるほど。実話です(笑)。

 こうなると次は子供向けアニメとなるのですが、制作されたものは男の子たちの予想とは違ったものでした。

【画像】あなたは憶えてる? スーパーカーブーム期に放送されたTVアニメ(5枚)

画像ギャラリー

1 2