マグミクス | manga * anime * game

アマプラで配信『ホームカミング』は今こそ見るべき! 広がるスパイダーマン世界の起点

今後映画で拡大する「スパイダーマン」の世界

スピンオフ映画の製作が発表されている『シニスター・シックス』。スパイダーマンを倒すために結成されたヴィランチームが活躍 (C)& TM 2020 MARVEL
スピンオフ映画の製作が発表されている『シニスター・シックス』。スパイダーマンを倒すために結成されたヴィランチームが活躍 (C)& TM 2020 MARVEL

『スパイダーマン:ホームカミング』は、主人公であるスパイダーマンの活躍だけでなく、今後大きく広がるスパイダーマン世界の一端も見せてくれます。すでに、スパイダーマンの世界を元にしたソニーの単独作品として、ダークヒーローであり悪役の「ヴェノム」を主人公とした映画シリーズが製作されています。

 2020年3月に公開予定の『モービウス』では、ヴァンパイアの力を持つ宿敵モービウスを主人公ですが、この映画には『ホームカミング』に出てきたヴァルチャーらしき姿も見られるなど、世界観がリンクした映画として製作されています。

 ではなぜ、マーベル映画への入り口として『スパイダーマン』映画を推すのかと言いますと、彼が日本にとって馴染み深いキャラクターだからです。

 現在のようにマーベルキャラクターの映画がたくさん作られるようになる20年ほど前、サム・ライミ監督による『スパイダーマン』(2002年)が日本で大ヒットし、日本にアメコミ映画が認知されるきっかけを作ったと言っていいほどの注目を集めました。そこから『アメイジング・スパイダーマン』『スパイダーマン:ホームカミング』とバトンをつないでいき、スパイダーマンは日本で最も知られるアメコミキャラとしての地位を確立しています。

 そして、次なるスパイダーマン映画として、「スパイダーマンの世界を広げる」というプロジェクトが進められています。2010年代に「アベンジャーズ」を中心とした映画作品群が映画界の中心に躍り出ました。次にくる大きな動はスパイダーマンから始まると見られているのです。

 スパイダーマンとリンクするスピンオフ映画やドラマで、今後製作されることが明らかになっている作品は、

『マダム・ウェブ』
『スパイダーウーマン』
『ナイトウォッチ』
『ジャック・ポット』
『クレイヴン・ザ・ハンター』
『マンウルフ』
『シルバー・セーブル』
『ブラックキャット』
『シニスター・シックス』
『シルク』

……と、こんなにもあるのです。『ホームカミング』を観ておけば、この先多種多様に広がっていくスパイダーマンの世界を、存分に楽しむことができるでしょう。

(大野なおと)

【画像】これから続々登場! スパイダーマン世界を元にした映像作品群(6枚)

画像ギャラリー

1 2 3