マグミクス | manga * anime * game

劇場版『鬼滅の刃』チケット販売開始で予約サイトがダウン 驚愕する上映回数

2020年10月16日(金)公開の『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』のチケット予約販売が13日(火)0時より一部上映館でスタート。日付が変わると同時に、サイトにつながりにくくなる事態が発生しました。

映画『鬼滅の刃』チケット予約初日

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』 (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』 (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 社会現象と呼んでもよい一大ブームとなっている『鬼滅の刃』。2020年10月16日(金)、ついに『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(以下、劇場版『鬼滅の刃』)が公開されます。TVシリーズの続編となるエピソードで、原作コミックスの7~8巻を映像化。最新刊22巻が10月2日に発売され、累計発行部数は1億部を突破しました。12月4日(金)には最終巻23巻の発売も予定されており、劇場公開もあわせ「鬼滅ブーム」はとどまるところを知らない状況です。

 10月13日(火)0時より、多くの劇場版『鬼滅の刃』上映館でオンラインによるチケット予約がスタートしました。通常、上映開始日の2日~3日前の予約を受け付けるケースが多いですが、土日の混雑も予想してか、今回は16日(金)~18日(日)までが予約の対象となっている上映館が多いようです。

 0時になり、予約受け付けが開始された時点で、多くの予約サイトがつながりづらい状況に。Twitter上では「数万人待ちと表示された」という声も見られました。数時間にわたり「予約が取りづらい」状況となっていましたが、13日5時時点では空席が目立っています。

 新型コロナウイルス感染症予防対策として、映画館では「前後左右1席空け」の対策が取られていました。しかし、9月18日付で「全興連ガイドライン」が改定され、場内での飲食を「飲料のみ可」、マスク着用とすることで、全ての座席の販売が可能となっています。コロナ禍で上映が延期となっていたアニメ映画では『劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」III.spring song』『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』などのヒット作が公開されていますが、上映開始直後は席が取りづらい状況でした。

 劇場版『鬼滅の刃』は全席販売にくわえ、上映スケジュールは「映画館の本気」を感じさせる本数の多さとなっています。2020年6月24日にオープンしたばかりの横浜市「T・ジョイ横浜」を例にとると、公開当日は朝6時にオープンし、7時より一回目の上映がスタート。その後は7時半、8時、8時半、9時半と30分~1時間おきの上映スケジュールとなっています。

「近年まれに見る話題作なので、予約が取りづらいのでは……」という不安の声も聞かれましたが、このスケジュールであれば「全く観られない」という状態にはならないかもしれません。ですが、土日は家族連れでの来館も見込まれるため、混雑は必至でしょう。都市部の上映館は万全の布陣となっていますが、地域によっては「遠方まで出向かないと観られない」という嘆きも聞こえてきます。

 なお、17日(土)は「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」8時40分の回上映後に舞台挨拶が予定されています。外崎春雄監督、声優の花江夏樹さんをはじめとする主要キャスト、主題歌を担当するLiSAさんが登壇予定。各劇場でもライブビューイング上映がされますが、こちらはチケットが完売しています。

 さまざまなグッズ展開や地上波での放送、キャスト陣による企画などがたびたび話題になり、熱い盛上がりを見せている『鬼滅の刃』。映画公開後は、これまで以上に『鬼滅』というワードを聞く機会が増えそうです。

(マグミクス編集部)

【画像】映画館の「本気」が感じられる『鬼滅』上映の布陣

画像ギャラリー

1 2