マグミクス | manga * anime * game

「動くガンダム」公開目前の今こそ! PS2『連邦vsジオンDX』で一年戦争を振り返る

敵に回せばバケモノ級の強さだった、ガンダムやシャア専用機

PS2用ソフト『機動戦士ガンダム 連邦VS.ジオン DX』(バンダイ)
PS2用ソフト『機動戦士ガンダム 連邦VS.ジオン DX』(バンダイ)

 またアーケードモードや対戦、ミッションモードなど、ゲームバリエーションの豊富さもこのソフトの魅力のひとつ。プレイヤーは連邦かジオンかを選び、「一年戦争」を戦い抜くのですが、特にミッションモードではアニメのストーリーに沿った形で現れる「ガンダム」や「シャア専用」モビルスーツがかなりの強敵です。

 特に、アムロが乗るガンダムの強さはバケモノ級となっており、ジオン兵の絶望感を痛感することになります。加えてメチャクチャ苦労してガンダムを倒したとしても、ストーリーが進行するとシレっと現れたりするのも厄介です。この点、後に発売される『機動戦士ガンダムvs Zガンダム』では主要の敵機体を倒すと別展開となるよう改善されているのですが、今回の『連ジ DX』ではあくまでも一年戦争に沿ったものとなっています。つまり、ジオン軍でどう頑張ってみても最後に待ち受けるのは敗北……という結末です。

 ちなみに「連邦」「ジオン」の双方でミッションモードをクリアすると『エキストラモード』が登場し、すべての鹵獲モビルスーツが使える状態になるのですが、通常モードと違い、ここではモデルスーツの補給も修理もままなりません。ソロモンあたりでガンダムが破壊されてしまうと、ジムやボールでア・バオア・クーを戦う羽目になります。

 また、連邦側では「ガンダム試作機が盗まれる」というステージや、ジオン側だとビグザムを使えるステージがあったりと、やりこめばやりこむほど新たな発見があるのもこのゲームの魅力です。

 ともかく、それまでのロボットアニメと違い、「人間対人間」の戦いとドラマを描き、「連邦」にも「ジオン」にも、それぞれに掲げる正義がある『機動戦士ガンダム』という作品だからこそ、どちらの軍でプレイしても成立するのがこのゲーム最大の面白さでしょう。アニメももちろんですが、この『連ジDX』も間違いなく傑作といえます。

(渡辺まこと)

【画像】「動くガンダム」はコクピット視点も体感できる! 12月に公開、来場者にはプラモも(5枚)

画像ギャラリー

1 2