マグミクス | manga * anime * game

『闇金ウシジマくん』の胸糞エピソード3選。人生の反面教師にせざるを得ない…!

現代の闇を抉る鋭い内容でファンを獲得しているマンガ『闇金ウシジマくん』は、リアリティをもって読者の心に突き刺さるエピソードが満載です。今回は同作のなかで特に、人生の反面教師にせざるを得ない「胸糞」なエピソードを3つ紹介します。

読んでいるだけで怖くなる、闇金に手を出す人たちのリアリティ

マンガ『闇金ウシジマくん』第1巻(小学館)
マンガ『闇金ウシジマくん』第1巻(小学館)

「怖いけど読みたくなる…。」そんな読者の心をつかみ続けるマンガといえば、『闇金ウシジマくん」でしょう。その現代社会における現実を圧倒的なまでに鋭く深くリアルに描写した表現で、「怖いけど勉強になる!」と支持を得ている大ヒットマンガです。

 近年では俳優の山田孝之さん主演でドラマ化・映画化され話題になりました。そんな『闇金ウシジマくん』のなかでも特に、人生の反面教師にせざるを得ないエピソードを名台詞とともに紹介します。

●「テメェのガキの前で土下座すンじゃねェッ!!!」

『闇金ウシジマくん』に登場する債務者は、若者からお年寄りまで幅広いです。中には、子どもがいるのにも関わらず違法な闇金からお金を借りてしまう人もたくさんいます。

 丑嶋が債務者の家に取り立てに行くと、そこにはまだ小学生ほどの子供が。そんな中債務者である父親は丑嶋に土下座をし、許しを請います。その場面で丑嶋が放ったのがこのひと言。金を回収するためには手段を選ばず債務者のことなど考えない丑嶋にしては意外な言葉です。

 もちろん丑嶋は債務者の人生などどうでも良いはずですが、父親として、子供の前でもう二度とみっともない真似はするなという言葉からは、冷徹なだけでない丑嶋の側面が感じ取れます。

●「ギャンブルはもう止めだ! 何万回そう思った? そうやってズルズル負け続け、借金を重ね、218万円の借金を作ってきたんだ! 借金のコト、考えると鬱になる。」

 宇津井は、人を見下しているばかりのどうしようもない債務者のひとりでしたが、ウシジマくんシリーズでは数少ない、その後立ち直っていく過程が描かれている人物です。

 この言葉は、そんな宇津井がギャンブル絶ちを決めるために自らに放つひと言。この言葉にあるように、宇津井は何回も何百回もギャンブルを止めようとします。しかしギャンブル地獄にはまり、抜け出せなくなる典型的なパターンに陥ります。人生の一発逆転を狙うには、こつこつ地道に努力するしかないということを改めて思い知らされるエピソードです。

映画『闇金ウシジマくん』DVD(SBP)
映画『闇金ウシジマくん』DVD(SBP)

●「美人の風俗嬢は、人気がでるのも早いが落ちるのも早い」

 丑嶋が経営する「カウカウファイナンス」では、たまった利息を返済できない若い女性債務者を風俗へ斡旋するという、なんともおぞましいこともしています。登場人物には若い女性の債務者も多く、その債務の多くは買い物でつくった借金などです。

 金融業だけでなく風俗業などにも精通するウシジマのこの一言は、風俗で月に200万円を稼ぐ杏奈に対して指摘したもの。若いうちはその美貌をいかした稼ぎ方ができますが、当然年をとるとそうはいきません。学生時代に割の良いバイトを求めて夜の世界に入ってた杏奈は、荒んだ自分の部屋で将来に不安を覚えますが、容姿や人気といったプライドが邪魔をし、まっとうに身を立てる手段や価値観に目を向けることができません。

 自らの借金を返せず闇金で働いている、顔だけが取り柄の元彼とヨリを戻した杏奈は、運命の坂道を転がり落ちていきます。夜の世界に入って価値観が変わってしまうと、そこから抜け出すのはとても難しい……怖ろしく、そしてリアリティを感じさせるエピソードです。

(荻巣好輝)

1 2