マグミクス | manga * anime * game

【漫画】「インディーズ聴いてる」”通”ぶった女子高生、知識が浅すぎて友達に撃沈!

私は他の子とは違う! と、インディーズバンドを聴いて”通”ぶっている女子高生。そこに物知りな友達が現れ、会話すればするほど知識の浅さが明るみに……! 漫画家・井上とさずさんのギャグマンガが反響を呼んでいます。

知らないのに知ったかぶり…取り繕う姿がかわいい

インディーズを聴いてドヤ顔の楓(井上とさずさん提供)
インディーズを聴いてドヤ顔の楓(井上とさずさん提供)

 みんなが知ってるような音楽は聴かない、私は他の子とは違う! と、インディーズバンドを聴いて”通”ぶっている女子高生・楓。そこに物知りな友達・晶葉が現れ、会話すればするほど楓の知識の浅さが明るみに……!

 漫画家・井上とさずさん(@tosazun)の創作マンガ『インディーズバンドを聴いて友だちにマウントを取ろうとした女の子の末路』がTwitterで公開されました。本作品は、講談社「コミックDAYS」で連載されていた『放課後スイッチ』1巻からの抜粋。女子高生たちが繰り広げるドタバタ・ギャグマンガです。

 マウントを取りたいのにボロが出てしまう楓のあせる様子がコミカルに描かれた作品に、読者からは「読んでるこっちが恥ずかしくなった」「かわいい」「笑った」などの声があがりました。

 作者の井上とさずさんに、お話を聞きました。

ーー井上とさずさんの漫画家としてのデビューのきっかけを教えて下さい。

 もともとマンガは趣味で描いていたのですが、3年ほど前に「DAYS NEO」という、マンガを投稿すると講談社のいろんな編集さんに読んでいただけて、さらに気に入ってもらえれば担当編集になってくださる、というビジネスマッチングサイトのようなところが開設されまして、まもなくそれを知った僕は「せっかくだから」と今まで描いたマンガを何作か「DAYS NEO」に投稿したところ、担当してくださる編集さんが決まりました。「これはうまくいけば漫画家になれるのでは?」と思い始め、そこから編集さんと新人賞に応募するマンガを作ったりなどして現在に至ります。

 編集部への持ち込みには興味はあったのですが、なかなかおっくうだったりしてハードルが高かったので、気軽にマンガを投稿できる「DAYS NEO」がなければ漫画家を目指していなかったような気がします。

ーー『インディーズバンドを聴いて友だちにマウントを取ろうとした女の子の末路』のお話はどのようにして生まれましたか?

 楓は「調子に乗らせた方がかわいいし面白い」というキャラになりつつあったので、今回の話も何かしらで調子に乗らせたいなと考えて、結果「インディーズを聴いているけど知識がめちゃくちゃ浅い」というネタとなりました。それだけだと短すぎたので「美術もたしなみ始めたけど知識がめちゃくちゃ浅い」というネタも作ったのですが、僕の知識も同様にめちゃくちゃ浅いので、晶葉の正論がちゃんと正論になっているか不安になりながら描いてました……。

ーーたくさんの感想が寄せられています。特に印象に残った読者の声について、教えて下さい。

「中学生の時の自分だ」や「古傷がうずく」などの声をいただいて、皆さん少なからず似たような経験をしているのかな……と思いました。きっとそうやって傷つきながら成長していくんでしょうね……。

『放課後スイッチ』は2020年12月9日に単行本3巻が発売予定 画像は1巻(講談社)
『放課後スイッチ』は2020年12月9日に単行本3巻が発売予定 画像は1巻(講談社)

ーー『放課後スイッチ』は2020年12月9日に単行本3巻が発売予定です。お話のあらすじや単行本の見どころなどをご紹介いただけますか?

『放課後スイッチ』は、ザンネンな女の子たちがザンネンな行動で織りなすショートギャグマンガです。ひとつの高校を舞台にした群像劇的なマンガで、今回のお話に出ている子たちの他に、「不良っぽい女の子と、その子を徹底的にからかう女の子」、「とっぴな行動をする女の子と、その子に振り回される女の子」、「大金持ちなのに庶民的すぎるお嬢さまと、熱狂的なファンの女の子」の4組のペアがいて、話ごとに主人公のペアが変わっていく構成で描いています(たまに入れ替わったり混ざったりしますが)。

 そして3巻ですが、この巻では高校生活の大イベントである文化祭にむけて、それぞれが準備を進めていく話がメインとしてあります。ギャグマンガなので文化祭準備ももちろんドタバタギャグなんですけど、みんなで少しずつ文化祭を作りあげていくうちに生徒一丸となっていく空気感のような、そういうエモさも感じてもらえる単行本になっていると思います。描き下ろしのおまけページも10ページほどあって盛りだくさんなので、ぜひ買ってくださるとうれしいです。

ーー今後、Twitterで発表される作品については、どのように活動していきたいとお考えでしょうか?

 僕がいつもTwitterで公開しているマンガは1~2コマ程度の一発ネタみたいなのがけっこう多いのですが、今後は何かのストーリーが軸としてあるような、そういう連作のマンガも発表していければいいな、と考えています。

(マグミクス編集部)

【マンガ】「ハコ」のなかでライブ? 想像したのは… 本編を読む

画像ギャラリー