マグミクス | manga * anime * game

胸がギュッとなる! アニメOP・ED曲5選 泣きたい時、強さがほしい時…

想像せずにはいられない! 強い思いを感じさせてくれるアニソン

「魔法少女まどか☆マギカ」 Ultimate Best(アニプレックス)
「魔法少女まどか☆マギカ」 Ultimate Best(アニプレックス)

●ClariS「コネクト」(『魔法少女まどか☆マギカ』OP)

 よっつめは、2011年1月~4月(休止時期あり)に放送された『魔法少女まどか☆マギカ』(通称:まどマギ)のOP「コネクト」。歌を担当しているClariSは、メジャーデビュー以前からニコニコ動画で「アリス☆クララ」の名前で活動していた女性ふたりのユニット。その流れもあり、デビュー10周年を迎えた2020年10月20日までは顔出しをしないアーティストとして貫いていました。

 透き通るような歌声で歌われる明るい曲調のこの曲は、次々と鬱展開が襲い来る本作品のストーリーと相反する、いわゆる“OP詐欺”だと当時ネットで話題になりました。しかし後半で明かされる真実にファンの反応は一変。その作り込まれた本編との連係プレイに「やられた」「そういうことか」といった声が続出しました。もちろん楽曲単体で聞いても沁みる歌詞ですが、作品を知れば知るほど心に深く突き刺さります。こちらもぜひ、ストーリーとセットで楽しんでほしい楽曲です。

●「secret base ~君がくれたもの~」(『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』ED)

 最後は2011年4月~6月に放送された『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のED「secret base ~君がくれたもの~」。2001年にガールズロックバンドであるZONEの3枚目のシングルとして発売された楽曲のカバーです。

 この曲は、耳にやさしく響くじんとくる歌声、ゆったりとしたメロディーに乗せられる切ない歌詞が印象的な一曲。本編で描かれる、ひとりの少女が命を落としたという受け入れがたい過去を共有する5人。かつてこの5人と今は亡き少女・本間芽衣子(通称:めんま/CV:茅野愛衣)が活動拠点としていた秘密基地を思わせる「秘密の基地の中」というフレーズや、過去を思い返す形で紡がれる歌詞。元々あった曲とは思えないフィット感がまた、“奇跡”を感じさせてくれます。自身の過去を思いながら聴くもよし、作品のことを思いながら聴くもよしの楽曲です。

* * *

 以上、「胸がギュッとなる! アニメOP・ED曲5選」をご紹介しました。どの曲も、少し弱ったとき、一歩踏み出したいときに聞くと、前に進むヒントをくれるものばかり。アニメ未視聴の人は、ぜひアニメも含めてチェックしてみてください。あなたのお気に入りの、思い出の“胸がギュッとなる”一曲はなんですか?

(月乃雫)

【画像】きっと伝説になる、近年のアニソンといえば…

画像ギャラリー

1 2