マグミクス | manga * anime * game

『鬼滅の刃』の他には? アニメ化・ドラマ化で大ブレイクしたマンガ3選

もともとあった人気がアニメ化で大ブレイクし、劇場版は国内の映画歴代興行収入の記録を次々と塗り替えた『鬼滅の刃』。これまでにも『鬼滅の刃』のように、映像化がきっかけで大ブレイクした作品はいくつかありました。この記事では、そんなアニメ化・ドラマ化で大ブレイクしたマンガを3作品ご紹介します。

3回もドラマ化!? 今も色褪せない大ブレイク作品

著:神尾葉子『花より男子』第1巻(集英社)
著:神尾葉子『花より男子』第1巻(集英社)

 破竹の勢いで大ブレイクしたアニメ『鬼滅の刃』。劇場版の興行収入は、驚くべき速度で記録を塗り替えています。原作マンガの人気にアニメ化で火が付き、社会現象にまでなった好例といえるでしょう。このように、過去にも映像化でがきっかけで大ブレイクした作品はいくつか見られます。この記事では、アニメ化・ドラマ化で大ブレイクしたマンガを3つご紹介します。SNSでも「すごい人気だったよね」「ドラマから入ってマンガとアニメを見た」と評判です。

●『花より男子』(著:神尾葉子)

『花より男子』は1992年から連載されたマンガで、1995年には第41回小学館漫画賞の少女部門を受賞しました。2018年4月時点で累計発行部数は6100万部を突破し、高い人気を誇る作品です。ドラマ化・アニメ化などさまざまなメディアミックスが行われました。特にドラマ化は日本以外でも台湾・韓国・中国・タイと世界各国で行われ、その一部が日本でも放送されました。

 幼稚園から大学までエスカレーター式の超名門・私立英徳学園。その高等部に外部入学した牧野つくし(まきの・つくし)は、内部生の上流家庭の子息たちの価値観に違和感を覚えていました。特に「花の4人組」ともてはやされている美男子4人組・F4は、歯向かう生徒を徹底的にいじめ抜く暴君っぷり。ある日、同じ外部生の友人・遠藤真木子(えんどう・まきこ)が階段で転び、F4のリーダー・道明寺司(どうみょうじ・つかさ)にぶつかってしまいます。謝る真木子を許さない司に、つくしは思わずタンカを切ってしまったのでした。次の日、つくしのロッカーにはF4の標的になったことを示す「赤札」が貼られていて――?

 お金持ちの子息たちが通うエリート校を舞台に、その華やかな世界と想像を絶するいじめを描き、人気を博した作品です。どんなにいじめられても負けないつくしのたくましさや、そんなつくしに引かれていく司の不器用な恋心に、続きを読む手が止まらなくなった方もいるのではないでしょうか。1996年のアニメ化はあまり成功しませんでしたが、2005年・2007年のドラマ化で大ブレイク。つくし役の井上真央さん、司役の松本潤さんの演技が高い評価を受け、特に松本さんの演技に心をつかまれた女性が続出したことから「花男落ち」という言葉まで生まれました。映画化やゲーム化もされており、2019年には宝塚歌劇団の演目としても取り上げられた、不朽の名作です。

●『GTO』(著:藤沢とおる)

著:藤沢とおる『GTO』第1巻(講談社)
著:藤沢とおる『GTO』第1巻(講談社)

『GTO』は1996年から連載されたマンガで、1998年には第22回講談社漫画賞の少年部門を受賞。累計発行部数が5000万部を超える人気作品です。その人気からドラマ化・アニメ化の他に小説化・映画化もされており、幅広くメディアミックスされました。

 就活がうまくいかず、教育実習生になった鬼塚英吉(おにづか・えいきち)は、元「湘南最強の暴走族」。教師を目指した理由も「女子高生と付き合いたいから」という、不真面目で下心満載のものでした。すぐカツアゲしては腕力にものを言わせる非常識な鬼塚ですが、実習前には自慢のリーゼントを卒業して、「グレートな男になるんだ」とやる気十分。学校につくなりかわいい女生徒と会話して、妄想を膨らませるのでした。しかし、鬼塚に割り当てられたクラスはヤンキーばかりの問題クラスで――?

 いじめやレイプ、家庭不和など生徒たちが抱えるさまざまな問題を、鬼塚が毎回破天荒な方法で解決していきます。一見めちゃくちゃながらも筋を通し、生徒を守る鬼塚の行動にスカッとできる作品です。人気を博した本作は、1998年に反町隆史さんの主演でドラマ化し大ブレイク。最終回の関東地区視聴率は35.7%を記録しました。その翌年にはアニメ化され、原作に追いつかないようオリジナルエピソードを多数挟みつつ放送されました。その後、2012年・2014年に「リメイク版」として、人気歌手グループ「EXILE」のAKIRAさん主演で再度ドラマ化。合計3回もドラマ化された本作は今読み返しても面白く、SNSでも「ベッタベタなのに面白い」「鬼塚に総理大臣になって欲しい」と根強い人気を誇っています。

●『のだめカンタービレ』(著:二ノ宮知子)

著:二ノ宮知子『のだめカンタービレ』第1巻(講談社)
著:二ノ宮知子『のだめカンタービレ』第1巻(講談社)

『のだめカンタービレ』は2001年から連載されたマンガで、2004年に第28回講談社漫画賞の少女部門を受賞。累計発行部数は3700万部を突破しており、出版社である講談社の女性マンガ単行本売り上げで1位を記録した人気作品です(いずれも2017年2月時点)。その人気からドラマ化・アニメ化され、アニメは全3期とOVAも制作されました。

 桃ケ丘音楽大学のピアノ科に通う千秋真一(ちあき・しんいち)は、カリスマ講師にも気に入られているエリート音大生。本当はヨーロッパに留学して指揮者になりたいものの、乗っていた飛行機が胴体着陸したトラウマから飛行機に乗れなくなり、留学できずに悩んでいました。イライラしていた彼は、講師にも元彼女にも見捨てられ、玄関の前で眠るほど飲んでしまいます。翌朝目を覚ますとそこには、ゴミ屋敷の中でベートーヴェンのピアノ・ソナタを弾く女子大生・野田恵(のだ・めぐみ/通称:のだめ)がいて――?

 将来や恋愛に悩む音大生たちを描く本作は、彼らの少し変わった日常を楽しくも感動的に描いています。2006年にはドラマ化が決定し、イケメンで完璧主義の千秋役を玉木宏さん、ずぼらで変わり者だが才能のあるのだめ役を上野樹里さんが演じました。このふたりの配役は原作派も「ハマり役だ」と賞賛するほど評価が高く、本作がブレイクするきっかけになりました。また、第3期まで制作されたアニメはフジテレビ「ノイタミナ」枠で放送され、特に集団での演奏シーンは、人や楽器がリズムに合わせて動くよう3DCGで制作されています。2009年・2010年にはドラマ版の続きとして、前・後編の劇場版が公開。韓国でもドラマ化され、そのドラマが日本で放送されるなど根強い人気を誇る作品です。原作の名シーンや楽曲解説をスクリーンに映しながら生演奏を行う「生で聴く“のだめカンタービレ”の音楽会」が現在でも開催されるなど、その人気はとどまるところを知りません。

* * *

 アニメ化・ドラマ化でブレイクする作品はもともと名作であることも多く、その面白さは一度はまってしまうとなかなか抜け出せないほどです。今回ご紹介した3作品はネット上である程度無料で読めるので、原作を未読の方はこの週末に読んでみてはいかがでしょうか。

(新美友那)

【画像】女性向けマンガの実写化は、嵐との相性が良すぎ?

画像ギャラリー