マグミクス | manga * anime * game

倒せる気がしない…アニメ最強キャラ5人 強すぎてバランス崩壊レベル?

能力がチートすぎて倒せる気がしない最強キャラ

●『呪術廻戦』五条悟

『呪術廻戦』 (C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
『呪術廻戦』 (C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

 TVアニメ化でいま勢いに乗っている『呪術廻戦』(原作:芥見下々/集英社)の最強キャラは、主人公たちの先生を務める五条悟。物語に登場するキャラクターはさまざまな「術式」を使って敵と戦うのですが、五条悟は「無下限呪術」という術式の使い手です。

 まず、体の周りには術式によって「無限」が存在しており、攻撃しようとしても触れることができません。近づくにつれて速度が遅くなっていき、その距離は決して0にならない「アキレスと亀」のような状態となっています。

 また、領域展開「無量空処」という技は、引き込んだ相手に無限回の知覚・伝達を強制するというもの。これにより、相手は思考だけを繰り返す状態になり、一切の行動ができません。つまりは「相手を領域に入れさえすれば勝ち」なのです。

●『ジョジョの奇妙な冒険』ジョルノ・ジョバァーナ

 独創的な能力が数多く登場する「ジョジョの奇妙な冒険」(原作:荒木飛呂彦/集英社)シリーズですが、なかでも最強と思われるのが、第5部の主人公であるジョルノ・ジョバァーナです。

 作中では、キャラクターたちが「スタンド」と呼ばれる守護霊のような存在とともに戦いを繰り広げます。ジョルノがまぎれもない最強となるのは物語のラスト、彼のスタンドが覚醒し「ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム」となったときです。

 その能力は「動作や意思の力をゼロに戻す」というもの。あらゆる攻撃や行動、能力はすべて時間が巻き戻ったように無効化されてしまいます。つまり、彼の前ではすべてが“無駄”と言えるでしょう。

●『転生したらスライムだった件』リムル

 ラストは、異世界転生モノの名作『転生したらスライムだった件』(原作:伏瀬)の主人公・リムルです。彼は初期段階から、その世界に関する質問に答えてくれる「大賢者」というスキルと、なんでも捕食して自分のスキルにすることができる「捕食者」というスキルを持ち合わせています。

 このふたつのスキルを活かすことで、物語のなかでリムルは急速に成長。アニメ化されたところまででは、まだ手の付けられるくらいの強さですが、原作ではそこからさらにインフレが進んでいくことになります。

 最終的には、思考速度を100万倍以上に引き上げるスキルや、宇宙の創造や破壊が可能なレベルのエネルギーを持ったスキル、時空間を飛び越えることができるスキルを持ち合わせた存在になります。あらゆる作品のキャラのなかでもトップクラス、まさしくチートレベルの最強キャラと言えるでしょう。

(古永家啓輔)

【画像】話題作『鬼滅』『進撃』の強キャラと言えば?

画像ギャラリー

1 2