マグミクス | manga * anime * game

【漫画】実写BLの相手役が自分を嫌っていそうな俳優…彼の拒絶する態度の真意は?

大人気のBLマンガの実写化が決まり、主役に選ばれた俳優。でも、相手役は普段から自分を毛嫌いしている様子の役者で……。すずり街さんがTwitterで公開している『BL漫画(実写化)の主演になりました。』が話題です。

「俺の視界に入らないでください」の意味

苦手な相手とBLドラマで共演することに…(すずり街さん提供)
苦手な相手とBLドラマで共演することに…(すずり街さん提供)

 大人気のBLマンガが実写化されることになり、主役に抜擢された青柳萌は大きな不安を抱えていました。というのも、W主演となる相手役が、なぜか青柳を嫌っている様子の赤藤優一郎だったからです。気が重い青柳ですが、一方の赤藤も「絶対に無理だ」と悩んでいて……。

 漫画家のすずり街さん(@b_szmc)が、Twitterで『BL漫画(実写化)の主演になりました。』を公開。読者からは、「すごく良いです!」「これは大成功の予感しかしない」「続きが気になります」などの感想があり、大きな注目を集めています。

 作者のすずり街さんに、お話を聞きました。

ーーすずり街さんの漫画家としてのデビューのきっかけを教えて下さい。

 pixivで投稿していた作品を出版社の方に見ていただいて、それをきっかけに「pixivコミック」での連載化や書籍化をしていただきデビューしました。

ーー『BL漫画(実写化)の主演になりました。』のお話は、どのようにして生まれましたか?

 片思いの相手が好きな人と合法的にイチャイチャできる関係は何かと考えていた時に、最近はBLや少しBLっぽい作品の実写ドラマ化のニュースを見る機会が多かったこともあり、「BLドラマでイチャイチャさせよう」と思いつきました。

ーー作品に対する読者からの反応で、特に印象に残った声があれば教えて下さい。

 たくさんあるのですが、実写化を反対しているアカウントのSNSのIDや、赤藤の服に小ネタを入れたところに気づいてもらえてうれしかったです。

作者は多数のBL作品を描いている漫画家(すずり街さん提供)
作者は多数のBL作品を描いている漫画家(すずり街さん提供)

ーーすずり街さんは今回の作品のほかにも、『腐男子家族』をはじめ数々のBLマンガを手掛けています。カップリングについては、描きやすい性格の組み合わせなどはあるのでしょうか?

 攻めが受けを大好きだけど、受けがそれに気づかないカップリングが好きなので描きやすいです。

ーー今後、Twitterで発表される作品については、どのように活動していきたいとお考えでしょうか?

『腐男子家族』の更新もしつつ、趣味で描いてきた創作・創作BLの続きや新しいマンガも描けたらと思っています。『BL漫画(実写化)の主演になりました。』の続きも、ときどき金曜日に更新できたらなと思っています。

●すずり街さんTwitter
https://twitter.com/b_szmc

(マグミクス編集部)

【マンガ】“絶対に無理”な理由とは? 本編を読む

画像ギャラリー