マグミクス | manga * anime * game

「ジャンプ」の最強教師・師匠キャラ5人 熱い言葉に勇気をもらえる!

「こんな先生がいてくれたら自分もきっと頑張れるに違いない」そう思わせてくれるような熱い言葉、行動で未熟な生徒たちを叱咤激励し、成長をうながしてくれるジャンプの先生役的なキャラたち。勇気を与えてくれるような「週刊少年ジャンプ」の先生キャラを独断と偏見で5人選び、紹介します。

マフィアのボスや謎の生物、名将など「ジャンプ」を代表する先生キャラとは…

著:天野明『家庭教師ヒットマンREBORN!』第1巻(集英社)
著:天野明『家庭教師ヒットマンREBORN!』第1巻(集英社)

 長くて厳しい受験シーズンや学生生活を締めくくる卒業式など感情が揺れ動くことの多いこれからの季節。コロナ禍によって頑張ってても思い通りにいかなかったり、心がくじけそうになったりすることも多いのではないでしょうか。ときにスパルタすぎる指導やぶっとんだ教育法で生徒たちに勇気を与えてくれる先生キャラ。「週刊少年ジャンプ」のなかから独断と偏見で5人選出しました。生徒の成長を願う姿勢や熱い言葉の数々から、私たちも前に進むための活力をもらいましょう。

●リボーン『家庭教師ヒットマンREBORN!』ダメダメな少年をマフィアのボスに育て上げる

『家庭教師ヒットマンREBORN!』(著:天野明)で、何をやってもポンコツな主人公・沢田綱吉(ツナ)をマフィアの立派なボスに育てるためイタリアからやってきた、おしゃぶりをつけた赤ん坊のような見た目の殺し屋。見た目はかわいいですが、性格は冷静沈着で超ドS。理不尽かつ暴力的で、たまに褒める時すらもストレートには褒めないという非常に厳しい性格に思えますが、いざという時に見せる優しさや生徒への信頼はまさにアメとムチそのもの。生徒との熱い絆を感じられます。ツナに発破をかける時に言う「死ぬ気でやれ」という言葉は追い込まれた時に私たちも思い出したい魔法の言葉ですね。

●殺せんせー『暗殺教室』謎の生命体だが、生徒との接し方は人一倍

『暗殺教室』(著:松井優征)でひときわ強い存在感を放つ、黄色い皮膚とタコのような見た目が特徴的な生命体「殺せんせー」。最高速度マッハ20のスピードや月を破壊するパワーなど人間では太刀打ちできないような存在であり、「地球を破壊する」宣言をしておきながらなぜかE組の担任を受け持ちます。謎の多い存在で不可解さに目がいきがちですが、先生として生徒一人一人としっかり向き合うなど良い教師としての一面は魅力的。それぞれの生徒をよく観察し、長所・短所に合わせた問題を作成したり、アドバイスを送ったりとE組の生徒たちのために尽くす姿を見ていくうちに不気味だった殺せんせーへの印象も徐々に変わっていくはずです。

●オールマイト『僕のヒーローアカデミア』No.1ヒーローとして背中で語る

 夏に映画第3弾が決まるなど人気上昇中の『僕のヒーローアカデミア』(著:堀越耕平)で、平和の象徴として絶大な人気と実力を誇る「No.1ヒーロー」であり、主人公・デクを自らの後継者として育て上げる先生役の彼。世間的には完璧超人として知られるオールマイトですが、その実態は過去敵負った傷や後遺症でボロボロ、デクと出会ったときには1日約3時間程度しかヒーロー活動ができないという満身創痍の状態でした。そんな状態になっても生徒を守り、デクたちを成長させるために自身も限界まで戦い、さらには平和の象徴としての心得を伝えるような「背中で伝える指導」はまさにヒーロー。ボロボロになっても戦う熱い姿に読者まで勇気をもらえます。

●安西先生『SLAM DUNK』あの名言で全国民に勇気を与えている

 バスケマンガの金字塔、『SLAM DUNK(スラムダンク)』(著:井上雄彦)の主人公・桜木花道が通う湘北高校バスケットボール部の監督。口数は多くなく、感情も読めないキャラクターですが、試合となると要所要所で的確な作戦を打ち出し、巧みな戦略で主人公たちを勝利に導くような勝負師の顔もあります。過去には鬼監督として名を馳せていた強面指導者ですが、湘北高校では生徒をうまくおだてて自信をつけさせ、静かにその成長を見守る優しい父親のようなスタイルに。リードされてくじけそうになっている選手に向けて発した「諦めたらそこで試合終了ですよ」という言葉は現在もスポーツ界のみならず、教育界や政治の世界でも使われるような「伝説の名言」として多くの人に勇気を与えています。

●鵺野鳴介『地獄先生ぬ~べ~』敵に立ち向かい、寄り添う勇気を教えてくれる

『地獄先生ぬ~べ~』(原作:真倉翔、作画:岡野剛)の主人公で、悪霊や妖怪を倒す必殺の武器であり、霊の心を読み取ったり、傷を癒やしたりなどさまざまな能力がある「鬼の手」を持つ霊能小学校教師。ドジで間抜け、さらにはスケベと、普段は周りを呆れさせることもしばしばですが、いざという時は「俺の生徒に手を出すな」と勇気と責任感をもって生徒を守るような親しみやすさと頼もしさをもった先生です。自らもいじめに遭っていた過去がありながら霊や妖怪に対しても寄り添う心を持っているため、違った立場にいる存在に歩み寄る、そんな勇気も教えてくれます。

(ハヤサカコウキ)

【画像】先生キャラと聞いて思い浮かぶのは?

画像ギャラリー