マグミクス | manga * anime * game

【望月英の「今から始める!」洋ゲーガイド(22)】FPS初心者脱却へ!<防御編>

ゲーム大好き声優、望月英さんが、世界で人気のゲームについて語る連載企画。22回目は、いつもFPSで撃たれまくって悔しい思いをしている初心者におすすめしたい、回避と防御の方法について解説します。

「キルされにくい」状況を作るには…?

FPSにおいて、遮蔽物から別の遮蔽物への移動中は、敵に撃たれる可能性が高いタイミング。画像はFPSの人気作『Apex Legends』 (C) 2021 Electronic Arts Inc.
FPSにおいて、遮蔽物から別の遮蔽物への移動中は、敵に撃たれる可能性が高いタイミング。画像はFPSの人気作『Apex Legends』 (C) 2021 Electronic Arts Inc.

 望月英でございます。本年も引き続きよろしくお願いします。2021年も健康第一、心も身体も元気にゲームライフを満喫して参りましょう!

 さてさて!今回の「洋ゲーガイド」は、前回ご紹介した「FPSの一歩進んだ攻撃テクニック」から転じて、「防御のテクニック」についてご説明します!

 FPSやTPSといったシューターゲームにおいて、防御ができている状況、すなわち「キルされにくい」状況というのは、主に「スキを減らす」「敵の攻撃が当たりづらい状況を作る」この2点だと思います。今回はここに絞ってお話しようと思います!

 まずは「スキの減らし方」について。シューターゲームにおいてもっともスキができるのは、攻撃ができないタイミング、銃を用いるゲームでいうとリロードをしている時です。リロードの最中に敵に身を晒せば、一方的に攻撃をされてしまいます。

 まずは自分が持っている武器について、どのくらい弾数が入り、敵との交戦中にどのタイミングでリロードが必要なのか……といった「残弾管理」を意識してみましょう。そして常に近くの壁や遮蔽物など、敵との射線を切ることができるオブジェクト(建造物)を意識し、リロードが必要なタイミングが迫ったら、しっかりと射線を切った上でのリロードを心がけましょう。

 また、ゲームに慣れてくると、戦っている相手の銃がどれくらいでリロードのタイミングになるかが、なんとなく分かるようになります。必ずマガジン内の弾を撃ち切るのではなく、「今なら安全にリロードができる!」と思った時にしっかりリロードしておくと、相手にとってはリロードタイミングが分かりづらくなります。「一歩進んだテクニック」として大切ですね。

 また、交戦の前にどこか遠くを索敵している時や、バトルロイヤル系ゲームで良くある「地面に落ちているアイテム」を物色するために足を止めているのも、大きなスキが生まれます。敵プレイヤーは思ってもいないタイミングで、思ってもいない場所から自分を見ているもの……と心がけて、可能な限り「動かない状況」を減らしましょう。

 例えば、索敵の際に棒立ちで周りを見渡し続けるのではなく、ランダムな間隔で身体を左右に動かし、こちら側を見ている敵が狙いを絞りにくくなるようにしてみましょう!

 実は、この「敵の狙いを絞らせにくくする」というのが、今回紹介する2点目「敵の攻撃が当たりづらい状況を作る」ポイントになります!

1 2 3

望月英(もちづき・えい)

6月5日生まれ、埼玉県出身、プロダクション・エース所属。
声優、舞台、MC、配信番組パーソナリティと幅広く活躍中。主な出演作はアニメ『宇宙戦艦ヤマト2199』、『PHYCHO-PASS』、ゲーム『Life is Strange』、『Over watch』、『Assassin’s Creed Origins』など。自身が声優を担当するゲーム『BORDER BREAK』(アフマール役)の公式番組「ボーダーブレイクのボ!」ではレギュラーゲストとして毎回出演している。 Twitter:@ei_mochiduki

●個人配信:「望月英の週末配信」(Twichにて毎週土曜日24:00から配信)
https://www.twitch.tv/ei_mochiduki