マグミクス | manga * anime * game

活動20年の「JAM Project」、歌詞で「鋼」より多かった最多ワードとは?

「鋼」や「ゴング」以上に歌われてきたワードは?

●「鋼」や「ゴング」すら入らない定番ワードランキング

CD「GONG」ジャケット
CD「GONG」ジャケット

 JAM Projectの代表曲のひとつである「GONG」は、影山ヒロノブさんが作詞した楽曲で「ゴング」というワードが一時期頻発しており、その流れを受けて作られたというのはJAMガーディアン(JAM Projectファンのこと)の知るところ。しかし、そんな「ゴング」(GONG含む)でもこれまでに歌詞に登場したのは6曲10回と意外に少なめ。これまで発表されてきた楽曲の歌詞で定番と思われるワードをチェックしたところ、「ゴング」や「鋼」を超えるものがまだまだありました。

5位:「勇気」64曲91回
4位:「運命」81曲120回(「さだめ」読みを含む)
3位:「魂」81曲128曲(「コア」「こころ」「魂歌(ソウル)」といった読みを含む)
2位:「闇」95曲177回
1位:「未来」167曲260回(「みち」「あす」「あした」「未来図(キャンバス)」といった読みを含む)

 今回調べたなかで最も使われていたワードは、167曲260回と、実に発表曲の半分以上で使われていた「未来」。「未来図(キャンバス)」のようなロマンを感じさせる読みもありました。続く「闇」は一見ネガティブなワードに思えますが、切り裂いたり、貫いたり、光が射したりすることも多いため、JAM Projectはアニソンらしいポジティブな曲を歌ってきたことがうかがえます。

●JAM Projectのドキュメンタリー映画が2月26日に公開

ドキュメンタリー映画『GET OVER -JAM Project THE MOVIE-』ビジュアル (C)2021「GET OVER -JAM Project THE MOVIE-」FILM PARTNERS
ドキュメンタリー映画『GET OVER -JAM Project THE MOVIE-』ビジュアル (C)2021「GET OVER -JAM Project THE MOVIE-」FILM PARTNERS

 こうした定番ワードがたくさん盛り込まれている曲として印象的だったのが「決戦 the Final Round」(ゲーム『第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇』OP主題歌)です。全メンバーが作曲に参加した6分以上の大作で、歌詞には「ゴング」「運命」「未来」「勇気」「魂」さらに「勝利」が綴られ、さらに「鋼」「闇」こそないものの、その代わりに「鉄」「夜」もあります。この「決戦 the Final Round」はライブでの歌唱こそ少ないですが、JAM Projectらしさが詰め込まれた楽曲といっても過言ではありません。

 ここまで紹介してきたように、聴く者の胸を熱くさせるワードが散りばめられたアニソンを歌ってきたJAM Projectのレコーディング風景やライブの模様、インタビューなどを収めたドキュメンタリー映画『GET OVER -JAM Project THE MOVIE-』が、2021年2月26日(金)から2週間限定で公開されます。460日間にわたる密着取材によって撮影されたのは「誰もみたことのないJAM Project」。アニソン界のトップランナーによる初のドキュメンタリー映画だけに、JAMガーディアンのみならず、アニソンファンにとっても必見の一作です。

(はるのおと)

1 2 3