マグミクス | manga * anime * game

明日発表の「第15回声優アワード」受賞者を予想。主演男優賞・女優賞の有力候補は…?

声優を対象とするアワードとして2006年に創設され、毎年3月に授賞式が開催される声優アワード。今年は明日2021年3月6日に第15回(2020年度)の授賞式が開催されますが、どんな方々がその栄誉にあずかるでしょうか。アニメ好きライターによる予想をお送りします。

2019年末から2020年秋までの「顔」と言える主演賞は?

小林裕介さんが石神千空を演じるアニメ『Dr.STONE』第2期のキービジュアル (C)米スタジオ・Boichi/集英社・Dr.STONE製作委員会
小林裕介さんが石神千空を演じるアニメ『Dr.STONE』第2期のキービジュアル (C)米スタジオ・Boichi/集英社・Dr.STONE製作委員会

 近年、「声優」の仕事は、アニメ作品のキャラクターや海外の映像作品で人物などの声を担当するだけでなく、ラジオや各種メディアで作品の広報を担ったり、作品の主題歌を歌ったりと、活動範囲はどんどん広がっています。現在1500人以上存在するという声優のうち、「その年度にもっとも印象に残る声優や作品の業績を称える」賞として創設されたのが「声優アワード」です。

 明日2021年3月6日(土)の第15回(2020年度)授賞式開催を前に、今回は全16部門からいくつかの部門の有力候補を紹介します。声優ファン・アニメファンのみなさんの予想の一助となれば幸いです。

 なお予想にあたって考慮すべきなのが、表彰対象となる作品の期間です。前回の表彰対象は「2018年10月1日から2019年9月30日までに新たに放送・配信・上映・リリースされたアニメやゲーム」でした。そのため、今回は2019年10月1日から2020年9月30日までに新たに放送・配信・上映・リリースされた作品を対象とします。

●主演男優賞は小林裕介さん、主演女優賞が雨宮天さん?

 まず主演男優賞と主演女優賞の予想から。前回、主演男優賞は花江夏樹さんが受賞しましたが、今回は『鬼滅の刃』のTVアニメも劇場版も期間的に対象外。もちろん、ほかにも主演作品は多数ありましたが、2年連続の主演賞受賞はかなり稀。そのため、今回は小林裕介さんを本命とします。

 小林さんは第11回(2016年度)で新人賞を受賞しましたが、当時評判だった『Re:ゼロから始める異世界生活』のナツキ・スバルを今回の対象期間でも演じ、さらに『Dr.Stone』石神千空、『超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!』御子神司、『ダーウィンズゲーム』須藤要など、ほかの作品でも主人公役で多数出演しています。

 小西克幸さんも『歌舞伎町シャーロック』シャーロック・ホームズや『旗揚!けものみち』ケモナーマスク・『デカダンス』カブラギなどで幅広い演技を見せてくれましたが、今回は『異種族レビュアーズ』ゼルなど、メインキャラクターでの好演も光った小林さんに軍配を上げたいです。

 前回は古賀葵さんが受賞した主演女優賞は、第11回(2016年度)での新人賞以来となる雨宮天さんが選ばれるのではないでしょうか。彼女は『理系が恋に落ちたので証明してみた。』氷室菖蒲、『彼女、お借りします』水原千鶴、『空挺ドラゴンズ』タキタなどのヒロインを演じました。

 2020年では冬クールに『地獄少年花子くん』八尋寧々と、『虚構推理』岩永琴子という対照的なヒロインを演じた鬼頭明里さんの印象も強いですが、残念ながら秋クールの『トニカクカワイイ』由崎司、『安達としまむら』安達は期間的に対象外。『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』ヴァイオレット・エヴァーガーデン役の石川由依さんとあわせて対抗馬としておきます。

1 2 3