マグミクス | manga * anime * game

声優・ファイルーズあいの出演作3選 『ジョジョ6部』空条徐倫役に大抜擢

2021年4月4日(日)、「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズ第6部「ストーンオーシャン」のアニメ化が決定。主人公の空条徐倫(くうじょう・じょりーん)役は、「徐倫は大好きで一番の憧れ」と語るファイルーズあいさんが演じます。ファイルーズさんがこれまでに出演したアニメのなかから、3作品をご紹介します。

明るく元気な「主役声」! ファイルーズあいの出演作

『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』ティザービジュアル (C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険SO製作委員会
『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』ティザービジュアル (C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険SO製作委員会

 アニメ『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』の製作決定にともない、主人公の空条徐倫(くうじょう・じょりーん)役に、声優のファイルーズあいさんが抜擢されました。「徐倫にたくさんの勇気をもらっていた」というファイルーズさんに、ネット上では祝福の声が上がっています。この記事では、そんなファイルーズあいさんの出演作を3つご紹介します。SNSでも「ずっと主役してる気がする」「うまいから信頼できる」と評判です。

●『ダンベル何キロ持てる?』紗倉ひびき役

『ダンベル何キロ持てる?』キービジュアル (C)2019 サンドロビッチ・ヤバ子,MAAM・小学館/シルバーマンジム
『ダンベル何キロ持てる?』キービジュアル (C)2019 サンドロビッチ・ヤバ子,MAAM・小学館/シルバーマンジム

『ダンベル何キロ持てる?』は同名マンガ(著:サンドロビッチ・ヤバ子、作画:MAAM/小学館)を原作としたアニメで、トレーニングジムに通う女子高生たちを描いた作品です。作中やエンディングテーマ後に筋トレ講座があり、キャラクターたちと一緒に筋トレできる作りになっています。ファイルーズさんが演じるのは、ダイエットのためにジムに通う主人公・紗倉ひびき(さくら・ひびき)です。

 高校2年生のひびきは、放課後の食べ歩きが大好き。フライドチキンにチョコバー、フランクフルト……。好きなものを好きなだけ食べた結果、クラスメイトの上原彩也香(うえはら・さやか/CV:石上静香)に「また太った?」と言われてしまいます。ショックを受けたひびきはスポーツクラブに通うことにしますが、そこはアスリートやプロの格闘家が通うハイレベルな「シルバーマンジム」でした。さらにシルバーマンジムには、才色兼備の超優等生・奏流院朱美(そうりゅういん・あけみ/CV:雨宮天)も通っています。果たして、ひびきのダイエットは無事成功するのでしょうか――?

 デビュー後にいくつか無名の役を経たあと、ファイルーズさんが初主演・初アフレコに挑んだ本作。いきなりの主役・アフレコにもかかわらず、感情豊かなひびき役を活き活きと演じたファイルーズさんに、ネット上では「若手実力派」「第二の大谷育江」と驚きの声があがりました。ファイルーズさん自身が筋トレを趣味としていることもあり、筋トレ中の苦しそうな声もリアルに表現しています。また、ファイルーズさんが歌うオープニングテーマ「お願いマッスル」は、その歌唱の実力や筋肉アイドル・才木玲佳(さいき・れいか)さんの出演が話題となりました。この作品は、「dアニメストア」「Amazonプライム・ビデオ」「Netflix」などで見ることができます。

●『推しが武道館いってくれたら死ぬ』えりぴよ役

『推しが武道館いってくれたら死ぬ』キービジュアル (C)平尾アウリ・徳間書店/推し武道製作委員会
『推しが武道館いってくれたら死ぬ』キービジュアル (C)平尾アウリ・徳間書店/推し武道製作委員会

『推しが武道館いってくれたら死ぬ』は同名マンガ(著:平尾アウリ/徳間書店)を原作としたアニメで、岡山県のとある地下アイドルグループと、彼女たちを応援するアイドルオタクたちを描いた作品です。ファイルーズさんが演じるのは、主役かつ熱狂的なアイドルオタク女子・えりぴよです。

 岡山の地下アイドル「ChamJam(チャムジャム)」のファンであるえりぴよ。メンバーのなかでも内気でシャイな市井舞菜(いちい・まいな/CV:立花日菜)を熱狂的に推しているえりぴよは、収入のすべてを舞菜に貢いでいました。自分の服はいつも高校時代のジャージで、舞菜の握手券は全て買い占め、舞菜への愛で鼻血を吹いてしまうほど。そんなえりぴよに対し、舞菜は冷たい「塩対応」を続けていました。しかし、それには舞菜にしかわからない理由があって――?

 誰もが一目置く伝説のオタク・えりぴよ。暑苦しいほどの舞菜への愛を、ファイルーズさんは漢気すら感じる叫びやセリフで表現しています。特に第1話の「舞菜が武道館行ってくれたら、死んでもいいー!!」という叫びは、えりぴよの愛とオタク度が炸裂。ファイルーズさんの真に迫る演技に加え、地下アイドルの運営事情やアイドルオタクの活動内容がわかる、興味深い作品です。また、エンディングテーマは松浦亜弥さんの「桃色片想い※」を、ファイルーズさんがカバーしたもの。本編から一転して、えりぴよのしっとりとした「推しを想う気持ち」が感じられるので、こちらもぜひお聴きください。この作品は、「dアニメストア」「U-NEXT」「Amazonプライム・ビデオ」などで見ることができます。

※「桃色片想い」正しい表記は前後にハートマーク

●『トロピカル~ジュ!プリキュア』夏海まなつ / キュアサマー役

『トロピカル~ジュ!プリキュア』キービジュアル (C)ABC-A・東映アニメーション
『トロピカル~ジュ!プリキュア』キービジュアル (C)ABC-A・東映アニメーション

『トロピカル~ジュ!プリキュア』は東映アニメーションが手掛けるオリジナルアニメで、「プリキュア」シリーズの第18作目にあたります。女児を中心に人気の高いプリキュアシリーズで、本作では「海」と「コスメ」がテーマになっています。ファイルーズさんが演じるのは、主人公の夏海まなつ(なつうみ・まなつ)/キュアサマー役です。

 小さな島「南乃島(みなみのしま)」で生まれ育ったまなつは、都会のあおぞら市に住む母のもとへ引っ越し、春から中学1年生に。友達をたくさん作って、部活に入って……と都会での生活に胸を膨らませるまなつ。あおぞら市に着いたまなつは、海辺で怪しい女の子に出会います。ローラ(CV:日高里菜)と名乗る彼女はなんと人魚の女の子で、「伝説の戦士・プリキュア」を探していました。いったんは別れたふたりでしたが、ローラのふるさと「グランオーシャン」を襲った「あとまわしの魔女」が、召使いを送ってきて――?

 歴史ある「プリキュア」シリーズの主役を、デビュー3年目にして射止めたファイルーズさん。彼女が演じるまなつは底抜けに明るく、何ごとにもやる気いっぱいの太陽のような女の子です。ファイルーズさんの元気で時にかっこいい声が、熱くて優しいまなつをしっかりと表現しています。まなつの特徴的な口癖「トロピカってる~!」も、ファイルーズさんの楽しそうな演技で自然と耳になじみます。また、「コスメ」がテーマのひとつである本作は、変身シーンにもお化粧の動作が。元気なまなつの女の子らしさが見られる、かわいい変身シーンにも注目です。この作品は、現在ABCテレビ・テレビ朝日系列で放送中です。第1・2話は「プリキュア公式YouTubeチャンネル」で4月30日(金)まで見ることができます。

* * *

 パワフルで元気あふれる演技が魅力的なファイルーズあいさん。その演技力の高さを活かし、声優デビュー1年目から毎年主役を演じています。『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』では、クールでタフな徐倫をどう演じてくれるのでしょうか。今後のファイルーズさんの活躍に注目です。

※配信状況は記事掲載時点のものです。

(新美友那)

【画像】主演でなくても存在感強すぎ!ファイルーズあい出演作(6枚)

画像ギャラリー