マグミクス | manga * anime * game

アニメ『タイガーマスク二世』放送40周年。衝撃的なメディアミックスの成功を振り返る

2021年で40周年を迎えた『タイガーマスク二世』。大ヒット作だった前作から、さらなる飛躍を生み出した要因は、異例のメディアミックス戦略にありました。

2種類あった『タイガーマスク』の最終回

アニメ『タイガーマスク二世』の主題歌などを収録した、「〈ANIMEX1300 Song Collection シリーズ8 タイガーマスク二世」(日本コロムビア)
アニメ『タイガーマスク二世』の主題歌などを収録した、「〈ANIMEX1300 Song Collection シリーズ8 タイガーマスク二世」(日本コロムビア)

 本日4月20日は、1981年にアニメ『タイガーマスク二世』が放送開始した日。今年で40周年のメモリアルデーでもあります。本作はタイトルでわかる通り、人気作品だった『タイガーマスク』の続編です。しかし、前作のアニメとはつながっていません。それは『タイガーマスク』の最後が、TVアニメ版と原作マンガ版でまったく違うからです。

 この違いにより、当時も混乱する方がいました。アニメでは虎の穴の最後の刺客であるタイガー・ザ・グレートにマスクをはぎ取られ、伊達直人という正体を白日のもとにさらしたタイガーマスクがグレートを倒し、みんなのもとから去っていくという最終回を迎えます。

 一方のマンガ版では、見ず知らずの子供を助けるためトラックに跳ね飛ばされ、そのまま交通事故で伊達直人として死んでしまうという最終回でした。

 この違いはどうして起こったかというと、アニメが2年という期間で先に終了しなければならなかったからです。その約2か月後にマンガが連載を終了しました。その後、マンガの続編が1980年から始まります。本作のアニメはこのマンガと同じ設定でアニメ化されました。

 ふたつの最終回を並べるとわかりますが、伊達直人の生死という点で物語は大きく違います。そして続編である本作は伊達直人が死んだことでストーリーが動き出しました。

 当時、マンガもアニメも知っていた筆者は「マンガの続編」として本作を見ていましたが、一般的にはアニメの方が認知度も高く、混乱する人が少なくありません。なぜなら、それなりの頻度で『タイガーマスク』の再放送があったからです。

 現在ほど情報が簡単にわかってしまう時代でもなかったため、マンガやアニメに詳しい人でも誤解する人もいました。なかにはアニメの最終回の後、マンガのように死んだと理解する人もいたくらいです。

 しかし、名作『タイガーマスク』の続編ですから、マンガやアニメに詳しくない人も巻き込んで話題になっていました。『タイガーマスク』が大好きだった筆者も、続編である本作の放映を前に期待で胸を膨らませていたことをおぼえています。

 ちなみに、2016年に『タイガーマスクW』というアニメ作品も生まれています。こちらは本作とは逆にアニメの最終回からつながる続編となっていました。そのため、前作のアニメオリジナルキャラが何人か出ていて、オールドファンにも楽しめる作品となっています。

【画像】マンガから現実へ! 「タイガーマスク」の軌跡と「引退」への道のり(4枚)

画像ギャラリー

1 2