マグミクス | manga * anime * game

人気のモブキャラ5選 活躍はほんの数コマ、1シーン、名前もない…それでも存在感大!

マンガやアニメでわずか数コマ、数秒だけ登場する、いわゆる“モブキャラ”たち。誰も注目することもなく、人知れずセリフを発し、静かにフェードアウトする存在。それでも印象的なセリフや活躍を残し、絶大な人気を誇るキャラクターがいます。マンガの名もなき“モブキャラ”に注目!

名前も知らないけど、愛され続けるモブキャラたち

半天狗をさばいた奉行が登場する 著:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第15巻
半天狗をさばいた奉行が登場する 著:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第15巻

 名前もない、バイプレーヤーと呼べるほどの活躍もない……それでもマンガのひとコマ、アニメの1シーンを盛り上げてくれるモブキャラたち。作中、数え切れないほど登場するモブキャラのなかでも、ネット上でいじられ、愛され続けている5人をピックアップしてみました。

●『鬼滅の刃』:半天狗をさばいた奉行

『鬼滅の刃』(著:吾峠呼世晴/集英社)では、およそ見開き2ページのみに登場した名もなき「お奉行様」が人気です。上弦の鬼・半天狗の人間時代の回想に登場し、ずる賢い半天狗を厳しく追求するその姿は、ネット上でも「めちゃくちゃ厳しい顔で正論言うお奉行」として話題に。

 半天狗の人間時代は、目の見えないふりをすれば皆が親切にしてくれると気付いたことから、「偽りの盲人」として生活していました。しかし、殺人を犯したことから奉行所へ連行。そこでも盲人と嘘をつき、罪から逃れようとしますが、お奉行様は「貴様は目が見えているだろう」とお見通し。それでも半天狗は「自分は悪くない、悪いのはこの手だ」と繰り返し主張しますが、お奉行様は「貴様のしたことは、他の誰でもない。貴様が責任をとれ」の名言を残しています。そんな堂々として姿が人気を呼び、「週刊少年ジャンプ」の第2回人気投票では「半天狗を裁いた奉行」として、199票を獲得の38位に輝いています。

●『HUNTER×HUNTER』:「オレでなきゃ見逃しちゃうね」の人

『HUNTER×HUNTER』(著:冨樫義博/集英社)から、盗賊集団「幻影旅団」の団長・クロロの超高速の手刀に気づいたひとりの殺し屋(単行本では11巻に登場)。その際、発した「おそろしく速い手刀 オレでなきゃ見逃しちゃうね」というセリフが話題となり、人気に火がつきました。しかし、彼も名前が明かされていないため通称“団長の手刀を見逃さなかった人”として認知されています。この自画自賛のセリフは、今でもネット上で散々いじられているため、原作を知らなくても「オレでなきゃ見逃しちゃうね」だけ知っている人も多いのでは?

●『グラップラー刃牙』:「ほう 炭酸抜きコーラですか…」の人

「週刊少年チャンピオン」に連載された『グラップラー刃牙』(著:板垣恵介/秋田書店)では、第1巻に登場したメガネのおじさんが人気です。空手大会の試合直前、2リットルもの水分を一気飲みする主人公・バキをみて、モブキャラたちは「オイオイオイ 死ぬわアイツ」と判断します。しかし、そこに居合わせた大会運営のおじさんは「ほう 炭酸抜きコーラですか… たいしたものですね」と冷静に判断。続けて、「炭酸を抜いたコーラはエネルギーの効率がきわめて高いらしく レース直前に愛飲するマラソンランナーもいるくらいです」と淡々とウンチクを語り出す姿が有名に。このシーン以降、特に登場するわけでもなく、さりげなくバキを褒めただけのおじさんですが、さまざまなコラ画像が作成され、イラスト素材の「いらすとや」だけを使って同シーンを再現したものも存在しています。

●『ジョジョの奇妙な冒険』:吉良の同僚

 さまざまなモブキャラが登場する『ジョジョの奇妙な冒険』(著:荒木飛呂彦/集英社)ですが、なかでも圧倒的人気を誇るのは第4部『ダイヤモンドは砕けない』に登場した通称“吉良の同僚”。ラスボス・吉良吉影が勤めていた「カメユーデパート」で共に働いていた男性ですが、異常に吉良に詳しすぎることから有名になりました。吉良をランチに誘おうとした女子社員に対して、「やめとけ! やめとけ! あいつは付き合いが悪いんだ」と制止すると、「仕事はまじめでそつなくこなすが……」と吉良の性格についても解説を始めます。読者にも“吉良がどんな男か”教える役割も果たしたキャラクターでした。

●『機動戦士ガンダム』:「あんなの飾りです」の整備士

 TVアニメ『機動戦士ガンダム』に登場するモビルスーツ「ジオング」の特徴は“足がない”ことですが、これを巡ってのシャアと整備士のやりとりが有名です。ジオングを初めて見たシャアは「足がないな」と尋ねますが、整備士は「あんなの飾りです。偉い人にはそれが分からんのですよ」と返しました。足がない状態では完成度は80%とするシャアに対し、宇宙空間では足は不要、性能は100%引き出せると遠慮なく自負するこの一般整備士はシリーズ通して有名なモブキャラ。現場の人間である整備士と、偉い人であるシャア……それぞれの思いがぶつかり合う絶妙なシーンとしても人気を誇りました。

 以上、5人を紹介してきましたが、モブキャラのなかでも盛り上げ役や読者の意見を代弁する者など、明確な目的を持った人が好まれているようです。

(椎名治仁)