マグミクス | manga * anime * game

5月19日は声優・大塚芳忠さんの誕生日。仙道、鱗滝、デネブなど、どんなキャラでも巧みに表現

5月19日は声優の大塚芳忠さんの生まれた日。その持ちキャラはさまざまで、善人から悪人、ギャグからシリアスと巧みに演じ分けます。アメリカ人よりアメリカンと評される得意分野も持ち合わせる、大塚さんの魅力に迫ります。

アニメから洋画まで、いぶし銀の存在感

大塚さんが演じたジェイソン・ベックが大きく描かれる、『THE ビッグオー』DVD5巻(バンダイナムコアーツ)
大塚さんが演じたジェイソン・ベックが大きく描かれる、『THE ビッグオー』DVD5巻(バンダイナムコアーツ)

 本日5月19日は、声優の大塚芳忠さんのお誕生日です。おめでとうございます。大塚さんのデビュー作は『機甲創世記モスピーダ』(1983年)のバットラー。そして、ほぼ同時期に演じた『重戦機エルガイム』(1984年)のミラウー・キャオが最初の代表作でした。

 キャオの軽いノリと高い声は、その後にもたびたび聞ける大塚さんの定番ともいえるキャラ作りだったと思います。しかし特筆すべきは、デビュー直後だった大塚さんが、この作品でナレーションも兼任したことです。

 富野由悠季監督作品のナレーションを任せられるのは一流の証。ほかの作品のナレーションを担当した声優さんたちを並べてみるとわかります。つまり大塚さんはデビュー直後から、その才能を認められていた存在だったのでしょう。

 大塚さんの最初のはまり役といえば、『機動戦士Zガンダム』(1985年)のヤザン・ゲーブルでしょうか。ゲームでの収録もありますから、お付き合いの長いキャラとなっています。

 このころにはアニメファンからもよく知られるようになって、レギュラーキャラも増えました。『聖闘士星矢』(1986~89年)のマリンクロス潮、『機甲戦記ドラグナー』(1987年)のタップ・オセアノ、『トランスフォーマー ザ☆ヘッドマスターズ』(1987年)のウルトラマグナスなどです。

 アニメだけでなく、洋画の吹き替えも多いことで知られている大塚さん。最初にコメディドラマ『フルハウス』のダニー(ダニエル・アーネスト・タナー)役を思い出す人も多いことと思います。ほかにも『新スタートレックシリーズ』のデータなども人気の高いキャラで、演じていたブレント・スパイナーも持ち役として他の洋画でも吹き替えをしていました。

 吹き替えでの持ち役も多く、ジェフ・ゴールドブラム(ジュラシック・パークシリーズ、インデペンデンス・デイなど)、ジャン=クロード・ヴァン・ダム、ドニー・イェン、レイ・リオッタ、ロバート・パトリックなどの役者さんの声を担当することが多いです。

「アメリカ人よりもアメリカ人っぽい声の持ち主」と評されることがあるそうで、洋画の吹き替えが多いのは当然ということでしょうか。アニメでは、『機動武闘伝Gガンダム』(1994年)のチボデー・クロケットが、日本人が想像するアメリカ人っぽいキャラでしたね(笑)。

1 2 3