マグミクス | manga * anime * game

TV版再現にこだわったPS2版『ウルトラマン』に、シリーズファンも舌を巻いた…?

開発陣の熱量がもたらしたTV版の再現シーン

PlayStation向けに発売された、『ウルトラマン Fighting Evolution』
PlayStation向けに発売された、『ウルトラマン Fighting Evolution』

 本作が発売される前のゲーム「ウルトラ」シリーズには、ほぼ同等のゲームシステムを採用した『ウルトラマン Fighting Evolution』がありました。しかしPS2版の『ウルトラマン』は3D格闘ゲームと銘打っているものの、”対戦の駆け引き”よりはテレビ版の小ネタ、および戦闘時の演出再現に軸足が置かれていたように思われます。

 そのこだわり具合は舌を巻くほどで、「各エピソード開始時に用いる写真」「ウルトラマンの変身シーン」「キャスト陣の台詞」など、一部を除いて1966年当時の素材をふんだんに使用。さらには熱心なファンでないと見分けがつかないであろう、「放送時期ごとのスーツ形状の違い」まで抜かりなく再現されていました。

 なかでも注目すべきは、やはり怪獣・宇宙人たちとの戦闘シーン。戦いの最中に特定の手順を踏むことで、TV版の印象深い光景を垣間見ることができたのです。

 そうした演出の種類は多岐にわたり、ウルトラマンの打撃による部位破壊(角・尻尾など)にとどまらず、「両足で後頭部を挟み込み、背中に生えた羽をむしり取る」(対ジェロニモン)、「ジャンプで背後に回り込み、尻尾を踏みつける」(対グビラ)、「スペルゲン反射鏡でスペシウム光線を跳ね返されるも、すぐさま八つ裂き光輪で真っ二つ」(対バルタン星人2代目)……などなど、画角やウルトラマンの挙動にいたるまで、TV版のテイストを見事に踏襲しており、「ゲーム内で同じシーンを描いてみせる!」という開発陣の熱量がヒシヒシと伝わってきます。

 加えて、”TV版と異なる未来が歩める”のも本作の魅力です。その筆頭とも言うべきゼットン戦では、本来負けてしまうはずの最終決戦に勝つことが可能。敗北の原因となったスペシウム光線を使わずにゼットンを倒すと、傷ついた身体をいたわりながら宇宙へ帰っていくウルトラマンの姿が映し出されます。

 ユラユラと前後に揺れて倒れることもなければ、ゾフィーから新しい命を譲り受けることもない。そして攻略パターンをつかめば、打撃技と八つ裂き光輪のみでゼットンを圧倒できる。この最終話「さらばウルトラマン」だけでも、本作がもたらす独特なカタルシスの片鱗を少なからず味わえるでしょう。

 好きなキャラクターを使って楽しむ対戦ツールとしてはやや物足りない面もありますが、シリーズファンを唸らせる再現度とユニークなゲームモードの数々で高評価を得た『ウルトラマン』。同じフォーマットを用いた「ウルトラ」シリーズ作品はここしばらく見かけませんが、「何かの機会(アニバーサリーイヤー等)で復活してくれないだろうか」と、いちファンとして切望しています。

(龍田優貴)

【画像】ゲームでも伝説を創り上げた…ウルトラシリーズの格闘ゲーム作品たち(7枚)

画像ギャラリー

1 2