マグミクス | manga * anime * game

6/13は声優・櫻井孝宏さんの誕生日。「裏切り者キャラ」が多そうで実は多くない…?

スザク、御幸、アバン、冨岡義勇など千変万化の演技力でファンを魅了

『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』で、櫻井さんは岸辺露伴の声を担当。画像は同作DVD Vol.5 初回仕様版(ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント)
『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』で、櫻井さんは岸辺露伴の声を担当。画像は同作DVD Vol.5 初回仕様版(ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント)

 それでは、ここからは筆者セレクトで櫻井さんの演じてきたキャラをだいたいの年代順にご紹介しましょう。

 まず一般の人に櫻井さんの認知度がグっと上がったきっかけになったのは、『金色のガッシュベル!!』(2003~06年)の高嶺清麿だと思います。ツッコミ台詞が最高にキレキレでした。

 この時期ですと、少しマイナーですが『ガン×ソード』(2005年)のレイ・ラングレンと、『BLACK CAT』(2005年)のジェノス・ハザードは忘れられません。櫻井さん演じるイケメンという感じがします。

 その翌年、櫻井さんの代表的キャラとなったのが、『コードギアス 反逆のルルーシュ』(2006~08年)の枢木スザク。基本はやさしい熱血漢ですが、さまざまな経験から色々な表情を見せてくれました。お付き合いの長いキャラといえば、『〈物語〉シリーズ』(2009年~)の忍野メメもそうでしょうか。説明台詞が多くて大変そうなキャラです。

『トリコ』(2011~14年)のココは、一見するとさわやかですが、毒のある櫻井さんらしいキャラでした。

『PSYCHO-PASS サイコパス』(2012年)の槙島聖護は、強烈なインパクトの敵キャラですが、櫻井さんの演技で魅力度を増していたと思います。続編ではまったく性格の違う雛河翔も演じていました。

『しろくまカフェ』(2012年)のシロクマくん、『有頂天家族』(2013年・2017年)下鴨矢三郎などは、櫻井さんには珍しいタイプの主人公キャラでしたね。

『ダイヤのA』(2013年~)の御幸一也は原作マンガがまだまだ続いているので、今後も演じてくれる機会がありそうです。期待して待っています。

 櫻井さんの裏切者キャラとして有名なのが、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』(2015年・2016年)のマクギリス・ファリド/モンターク。でも、主人公側を裏切っていないというところがポイントです。

 番外編OVAでは主役になった『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』(2016年)の岸辺露伴も、近年の櫻井さんを代表するキャラでしょう。実写ドラマでのゲストも忘れられません。

『魔法陣グルグル』(2017年)のギップル、『覇穹 封神演義』(2018年)の四不象(スープーシャン)、『深夜!天才バカボン』(2018年)のウナギイヌなど、近年演じたマスコット系キャラも脳内再生できるくらい印象深い声が魅力でした。

 今後も演技が期待できると言えば、アニメ続編も決まった『鬼滅の刃』(2019年~)の冨岡義勇。それと好評放送中の『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』 (2020年~)では、アバンだけでなく毎週の予告ナレーションとしても活躍しています。

 年間で何十ものキャラを演じていますので、後半は駆け足の紹介だけになってしまいました。櫻井さんの今後ますますの活躍を期待しております。

(加々美利治)

【画像】櫻井孝宏さんが演じたキャラクターたち。スザクからおそ松、冨岡義勇まで千変万化の声(6枚)

画像ギャラリー

1 2 3