マグミクス | manga * anime * game

「金ロー」初放映の『ザ・ファブル』 原作ファンから異論も、新作ではジレンマを克服?

「週刊ヤングマガジン」で連載中の人気マンガを実写映画化した『ザ・ファブル』が、2021年6月18日放送の「金曜ロードショー」で初放映されます。岡田准一さんがノースタントで挑んだアクションシーンが大きな見せ場となっています。でも、原作とは異なる演出が気になった原作ファンもいたようです。賛否が分かれたのはなぜでしょうか?

岡田准一がガチアクションに挑んだヒット作

2019年公開の映画『ザ・ファブル』DVD(松竹)
2019年公開の映画『ザ・ファブル』DVD(松竹)

 アクション映画好きな人なら見逃せないのが、岡田准一さん主演の新作映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』です。南勝久氏の人気マンガ原作にした実写映画『ザ・ファブル』(2019年)に続く第2弾で、前作以上にアクションシーンはスリリングになっており、殺し屋に扮した岡田さんのコミカルな演技も楽しめる快作となっています。

 2021年6月18日(金)より劇場公開される『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』に合わせ、同日の「金曜ロードショー」(日本テレビ系)では第1作『ザ・ファブル』が地上波初オンエアされます。夜9時から10時54分の枠での放映です。

 岡田さんがノースタントでアクションシーンを演じ切った『ザ・ファブル』は話題を呼び、興収17.7億円のヒット作となっています。ですが、一方では原作ファンの一部からは厳しい声も上がりました。実写版『ザ・ファブル』は、なぜ評価が割れることになったのでしょうか?

壁をするすると登るファブルに唖然

 原作コミックの第1巻~第9巻をベースに実写化された『ザ・ファブル』は、こんなストーリーです。

 岡田さん演じる主人公は、都市伝説級の強さを誇るために「ファブル(寓話)」と呼ばれているプロの殺し屋です。ボス(佐藤浩市)から指示された仕事のみを請け負ってきましたが、かなり派手な仕事をしたため、一般人として大阪で1年間過ごすようボスに命じられます。ファブルの相棒(木村文乃)も一緒です。

 ふたりは佐藤アキラ・ヨウコという偽名を使い、兄妹として平穏に過ごそうと努めます。ですが、殺し屋としてのただならぬオーラを消し去るのは容易ではありません。ファブルはアルバイトを掛け持ちする清水ミサキ(山本美月)の紹介で、デザイン事務所「オクトパス」で働くことに。時給800円からのスタートですが、ファブルの描いた「ヘタヘタ」なイラストが上司の田高田(佐藤二朗)に気に入られるなど、少しずつ一般社会に溶け込んでいくのでした。

 そんなある日、ミサキが地元暴力団の組員に拉致される事件が起きます。事件の背後には、組員同士による内部抗争があり、ミサキは抗争に巻き込まれてしまったのです。ボスからは「休業中に一人でも殺したら、お前を殺す」と厳命されていたファブルですが、世話になっているミサキを放っておくことはできません。目出し帽を被ったファブルは、武装した暴力団組員や殺し屋たちが待ち構えるゴミ処理場へと向います。

 岡田さんはブルース・リーが創設した格闘技「ジークンドー」やフィリピンの伝統的武術「カリ」などに精通し、実写版「ザ・ファブル」シリーズのファイトコレオグラファーも務めています。主演俳優本人がアクションシーンの演出も手掛けていることから、限界ギリギリのスタントを披露しています。ゴミ処理場に潜入するために、パルクールの要領でファブルが壁をするすると登っていくシーンは、思わず二度見したくなります。顔が見えないこのシーンも、岡田さん自身が演じています。

【画像】新作映画を原作で予習!「ウツボ編」が読めるマンガ『ザ・ファブル』単行本(7枚)

画像ギャラリー

1 2 3