マグミクス | manga * anime * game

『東京卍リベンジャーズ』の黒幕(?)が話題。さまざまな候補が挙がるも、謎が深まる

現在「週刊少年マガジン」で連載中の人気マンガ『東京卍リベンジャーズ』は、ヤンキーマンガにふさわしい抗争や熱い人物描写を題材としつつ、タイムリープが絡からんだサスペンス要素も見どころです。幅広い読者から支持を集める同作ですが、最近ネット上では“黒幕”についてさまざまな意見や考察が寄せられています。

主人公の協力者にも疑いの目が…?

主要キャラのプロフィールが描かれた『東京卍リベンジャーズ キャラクターブック 天上天下』(講談社)
主要キャラのプロフィールが描かれた『東京卍リベンジャーズ キャラクターブック 天上天下』(講談社)

「週刊少年マガジン」で連載中の大人気マンガ『東京卍リベンジャーズ』は、現在注目度の高い作品として幅広い読者から支持を集めています。ヤンキーマンガにふさわしい抗争や胸を熱くさせる人物描写はもちろん、タイムリープをからめたサスペンス要素も人気の高い理由かもしれません。

 TVアニメ化や実写映画化も話題になった同作ですが、最近ネット上では“黒幕”を考察する人が続出。一体どのキャラクターに疑いの目が向けられているのか、さっそく見ていきましょう。

※この記事では、物語の核心に関わる記載があります。

 まず黒幕を語る上で欠かせないのが“武道以外にもタイムリーパーが存在する”という説。主人公の武道は一定のルールがあるなかで12年前にタイムリープできますが、過去の出来事を変えても、なかなか元恋人の命を救えません。そこで浮かび上がったのは、“他のタイムリーパーが武道の邪魔をしている”といった考察でした。

 では実際にタイムリープをしている黒幕は誰なのかというと、「半間修二」や「橘直人」を挙げる声が。当初は“稀咲鉄太”を黒幕だと考える人もいましたが、作中で「オマエ… まだオレがタイムリーパーだと思ってんのか?」と発言したことで、可能性は低くなります。

 しかし稀咲がタイムリープの存在をもともと知っていたかのような言動が見られるため、読者からは「いつも稀咲と行動をともにしていた半間が怪しい。実は半間が裏で彼を操って未来を改ざんしていたんじゃない?」とのコメントが。なかでも武道に対して言い放った「あれ? 車 乗ってねーじゃん」というセリフは、未来を知っていなければ出てこない言葉として注目を集めていました。

 また“黒幕=直人”説を唱える人も多く、「直人は武道以外の人もタイムリープさせることができそう。しかも半間と裏で繋がってる気がする」「直人が黒幕で、半間に情報を全て流してる可能性もあるよね」などの声があがっています。

 真相はまだ明らかになっていませんが、サスペンス要素が深まっていく同作の展開から、今後もますます目が離せません。

(マグミクス編集部)

【画像】サスペンス要素がますます深まる、『東京卍リベンジャーズ』単行本(3枚)

画像ギャラリー