マグミクス | manga * anime * game

意外に多かった、「RX-78」のガンダムたち。「ユニコーン」以降に活躍した機体も

「RX-78」を継承したガンダムたち

多彩な「RX-78」が登場するアニメ『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』DVD Vol.1(バンダイビジュアル)
多彩な「RX-78」が登場するアニメ『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』DVD Vol.1(バンダイビジュアル)

 ゲームですと、『ギレンの野望シリーズ』にも「RX-78/C.A. キャスバル専用ガンダム」、「RX-78T ガンダム(ティターンズ仕様)」など色違いのガンダムがいくつか登場していました。なかには高機動型ガンダムのように若干デザインの違うものもあります。

 しかし、最初のゲームオリジナルガンダムというと、『機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079』に登場した「RX-78XX ガンダム・ピクシー」でしょうか。モチーフが忍者で、白兵戦に特化したデザインになっています。この時、敵役として生み出されたMSがイフリート。今では、そのイフリートの方が有名になってしまいました。

 マンガでもいくつかRX-78の型式番号を持つガンダムが登場しています。『機動戦士ガンダム MSジェネレーション』に登場した「RX-78E ガンダムGT-FOUR」は、地球連邦空軍が開発した初の可変MSという設定でした。

 また、『機動戦士ガンダム サンダーボルト』では「RX-78AL アトラスガンダム」という、水中戦にも対応できるガンダムが登場しています。マンガのガンダムはとにかく数が多いので、代表的な2機だけで割愛いたしましょう。

 アニメに視線を戻すと、やはり『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』の「RX-78NT-1 ガンダムNT-1」。通称アレックスが一年戦争で活躍したガンダムということで有名ですね。

 このアレックスはマーキングからもわかるように、ガンダム4号機としてデザインされました。これはアニメスタッフが「M-MSV」のガンダム4号機の存在を知らなかったためで、後に4号機は連邦軍各部署で同時にスタートした「G-4計画」で複数生み出されたという設定になります。前述したガンダムGT-FOURもそのうちの一機でした。

 また、このアレックスは大破したのちに回収され、戦略戦術研究所(のちのサナリィ)によって改修、『機動戦士ガンダム Twilight AXIS』で(のちにクロスボーン・バンガードを立ち上げた)ロナ家の私兵であるバーナムが運用した「RX-78AN-01 ガンダムAN-01トリスタン」として登場しています。時代がUC0096ですから、もっとも新しい年代まで稼働したRX-78となりました。

 そして、最後に開発されたRX-78が『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』で登場した「ガンダム開発計画」のガンダムたちです。

 アニメに登場した「RX-78GP01 ガンダム試作1号機 ゼフィランサス」、「RX-78GP02A ガンダム試作2号機 サイサリス」、「RX-78GP03 ガンダム試作3号機 デンドロビウム」のほかにも、ガーベラ・テトラの原型機である「RX-78GP04G ガンダム試作4号機 ガーベラ」、GPシリーズの原型機「RX-78GP00 ガンダム試作0号機 ブロッサム」が設定されていました。

 以上が主なRX-78の型式番号を持ったガンダムです。

 このほかにも最近ですと、読者投稿の雑誌企画で大河原さんがクリーンアップした「RX-78SP ガンナーガンダム」というものがありました。それと横浜にある、動く実物大ガンダムプロジェクト「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」のガンダムも、「RX-78F00」と設定されています。

 後付け設定で次々と生まれた「RX-78」ですが、これからも数を増やすのでしょうか? こればかりは誰にもわかりませんね。

(加々美利治)

【画像】ひと目で当てられたら達人級? 「RX-78」のバリエーション(7枚)

画像ギャラリー

1 2