マグミクス | manga * anime * game

アニメの最強ジジイキャラ5人 老いても強敵と渡り合う展開にシビれる!

バトルアニメでは、老齢のキャラによるバトルシーンも見どころのひとつ。「かつて最強だった男が再び……」といった展開は鳥肌もののカッコよさです。この記事ではそんな「最強ジジイキャラ」を5人紹介していきます。

老齢ならではの“余裕”がカッコいい最強ジジイキャラ

“白ひげ”が表紙に描かれる 著:尾田栄一郎『ONE PIECE』第59巻(集英社)
“白ひげ”が表紙に描かれる 著:尾田栄一郎『ONE PIECE』第59巻(集英社)

 バトル系のアニメでは、おじいちゃんキャラがとんでもない強さを見せつける、という展開がたびたび見受けられます。老齢ならではの余裕を見せながら、現役感バリバリの強さで若造を蹴散らすバトルシーンは、ほかにない爽快感。「かつては最強と呼ばれていたが、果たして今は?」といったあおりがあってから、主人公たちも苦戦する最強クラスの敵キャラと渡り合う……といった展開は、興奮すること間違いなしのパターンです。この記事では、そんな魅力的な「最強ジジイキャラ」を5人ピックアップして紹介していきます。

●“白ひげ”エドワード・ニューゲート『ONE PIECE』

 最初に紹介するのは、『ONE PIECE』において世界最強の男とうたわれた“白ひげ”。ストーリーに登場したときにはすでに老齢で力は衰えていたものの、その肉体は尋常でないほどデカく、ムキムキです。

 白ひげは「グラグラの実」の能力者であり、あらゆるものを振動させる地震人間。エースの奪還を目指す「マリンフォード頂上戦争」では、島を丸ごと傾けるという、規格外の芸当も見せます。

それに加え、タフネスも規格外。海軍本部大将・青雉に氷漬けにされても平然と砕いて脱出、赤犬の攻撃も余裕で受け止めていました。 その後は赤犬を地割れに叩き落し、要塞を半壊させるなど、まさに“最強”という言葉がふさわしいキャラクターではないでしょうか。

●猿飛ヒルゼン(三代目火影)『NARUTO』

 続いて、『NARUTO』で木ノ葉隠れの里を治めてきた三代目火影・猿飛ヒルゼン。序盤では、ナルトのお色気の術で鼻血を吹き出したりしていましたが……人格者でもあり、かつては“忍びの神”ともうたわれた忍者でした。「木ノ葉に存在するすべての術を使いこなせる」という情報からして、圧倒的な才能を持っていたことは間違いありません。

 見せ場となったのは、「木ノ葉崩し」をもくろむかつての弟子・大蛇丸との戦いです。大蛇丸は穢土転生によって初代火影・二代目火影をよみがえらせ、3体1という状況に。完璧な状態の復活ではないにしても、老体でこの3人と渡り合うのは、並大抵のことではありません。そして最後は、命と引き換えに禁術・屍鬼封尽を使って大蛇丸の両腕を封印。見事里の危機を救いました。

【画像】かっこいいオジサンキャラが活躍するアニメ

画像ギャラリー

1 2