マグミクス | manga * anime * game

声優・野沢雅子さんのスゴいキャリア 意外すぎる、数々の“初めて伝説”

声優界のレジェンドといえば、「オッス! オラ悟空」の名セリフで知られる野沢雅子さん。『ドラゴンボール』の主人公・孫悟空の声優としてあまりにも有名ですが、それだけではありません。半世紀以上の声優人生では驚きの役まで演じてきているのです。あの声も! え? あの声も野沢さん!? 野沢雅子さんのスゴすぎるキャリアをご紹介します。

ドラえもんの声まで!? アニメ創生期から活躍する大レジェンド

『ドラゴンボール』孫悟空役 画像は『DVD DRAGON BALL #1』(ポニーキャニオン) (C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
『ドラゴンボール』孫悟空役 画像は『DVD DRAGON BALL #1』(ポニーキャニオン) (C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

 今や声優たちの勢いはとどまるところを知らず、バラエティ番組などにも続々と進出しています。そんな声優界のレジェンドといえば、アニメ創生期から活躍している野沢雅子さん。「オッス! オラ悟空」の名セリフで知られ、最近では、お笑い芸人「アイデンティティ」の田島さんのモノマネも受け、ますます親しまれています。

 実に半世紀以上にわたって声優人生を歩んでこられた野沢雅子さん。代表作といえば、野沢さん自身が「最初のオファーを受けた時から悟空とともに生きてきた」と語っている、『ドラゴンボール』の孫悟空役ですが、それ以外にも、私たちが心を躍らせたさまざまなキャラクターの声を演じてきました。初主役を務めた『ゲゲゲの鬼太郎』の鬼太郎をはじめ、主役として『怪物くん』の怪物くん、『いなかっぺ大将』の大ちゃん、『ど根性ガエル』のヒロシ、『銀河鉄道999』の鉄郎などなど……かつて私たちが一緒に笑い、泣き、冒険したキャラクターたちに命を吹き込んでいたのが、野沢さんだったのです。

 さらに、「ドラえもん声優」といえば、まずは大山のぶ代さんのイメージでしょうが、実は野沢さんは「大山ドラえもん」以前にドラえもんの声を演じていたんです。テレビ朝日の『ドラえもん』(1979年~)が始まる6年前、日本テレビで放送された『ドラえもん』でのことでした。

 主役以外でも『魔法使いサリー』のトン吉&カン太、『タイガーマスク』の健太など、実は気付くかずに野沢さんの声に触れていることも多いんです。

 300種以上演じたというキャラのなかにはセリフがない役もありました。『あらいぐまラスカル』のラスカルです。セリフがないのが面白そうだと、自らオーディションを受けて勝ち取ったのだそうです。演じるにあたって、あらいぐまの鳴き声を聞いたことがないので動物園に10日間ほど通い詰めたものの、あらいぐまは手を洗っているばかりで1回も鳴いてくれなかったのだとか。

【画像】悟空だけじゃない!野沢雅子、近年の出演作(5枚)

画像ギャラリー

1 2