マグミクス | manga * anime * game

「ジャンプ」弟子に未来を託した、愛すべきキャラ4人 退場シーンに涙…

炭治郎の心に強く、深く燃え続けることになる最期の言葉とは

●『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』 (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』 (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

『鬼滅の刃』に登場する、“煉獄さん”こと炎柱・煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)。『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』で、仲間を守るため命を燃やす姿が、日本中を感動させた人気キャラクターです。

 至高の強さを求め、凄まじい実力を誇る十二鬼月の上弦の参・猗窩座(あかざ)と激闘を繰り広げますが、最後は胸を貫かれてしまいます。

 そんな煉獄さんが死の間際に主人公・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)や嘴平伊之助(はしびら・いのすけ)ら後輩に放った「命をかけて鬼と戦い人を守る者は誰が何と言おうと鬼殺隊の一員だ 胸を張って生きろ」「心を燃やせ。歯を食いしばって前を向け」といった言葉は、このさき炭治郎の心に強く、深く燃え続けることになるのです。

 アニメ第2期「遊郭編」が放送されることが発表されましたが、炭治郎が煉獄さんの言葉を胸に、どう活躍するのか楽しみです。

●『僕のヒーローアカデミア』サー・ナイトアイ

『僕のヒーローアカデミア』第4期キービジュアル (C)堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会
『僕のヒーローアカデミア』第4期キービジュアル (C)堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

“ヒロアカ”の愛称で知られる『僕のヒーローアカデミア』。作品は、世界総人口の8割が「個性」と呼ばれる何らかの特異体質を持つ超人社会。同作に登場する未来を「予知」する個性を持つキャラクターで、“平和の象徴”オールマイトの元相棒(サイドキック)です。

 指定敵団体「死穢八斎會」の若頭・オーバーホールに腹を貫かれる致命傷を与えられ、病院で生涯を終えました。死の間際、自らの事務所にインターンで来ている一番弟子・ルミリオンが病室にやってきます。

 ナイトアイはルミリオンをオールマイトの個性「ワン・フォー・オール」の器として事務所に引き入れただけでしたが「私を慕い、信じてくれるお前がいつしか、私の誇りとなっていた」と伝え、ルミリオンの将来を「予知」の個性で見ると「大丈夫。お前は誰より立派なヒーローになってる。この未来だけはかえてはいけないな。だから笑っていろ。元気とユーモアのない社会に明るい未来はやってこない」などと、笑顔で最期の言葉を残したシーンは感動的です。

 2021年6月26日からTVアニメが新編に突入した同作。ルミリオンが今後どうヒーローとして活躍するのか、注目です。

●『NARUTO』自来也

著:岸本斉史『NARUTO』第42巻(集英社)
著:岸本斉史『NARUTO』第42巻(集英社)

 最後は、忍者マンガの名作『NARUTO』に登場する自来也(じらいや)。伝説の“三忍”のひとりで、主人公・うずまきナルトの師匠であり、名付け親です。

 敵組織「暁」の情報を調べるためにひとりで敵地に潜入した自来也は、かつての教え子で「暁」のリーダー・ペインと戦闘に。腕を失い、喉も潰されて死を覚悟した自来也ですが、弟子であるナルトの生き方を思い返し「あきらめねえ、それこそがワシのとるべき本当の“選択”だった。あとは全て託すぞ」と、敵の情報を暗号化してナルトに託します。最期は水の中に沈んでいきながらもナルトを想い微笑む姿から、師弟愛が伝わり感動的です。

 身寄りがなく天涯孤独だったナルトにとって、本当の父親のような存在だった自来也。ナルトは喪失感に打ちひしがれます。同じく師を亡くしたシカマルの言葉や、自来也が残した暗号が自分にしか解けないことが分かったことで、少しずつ自分を取り戻していくのです。最後は見事に自来也の仇である“兄弟子”ペインを討ち取りました。

 また、前述のように、シカマルと師匠・アスマの最期のシーンも印象的で、他にも感動シーンが多く描かれる同作。この機会に見直してみるのもいいかもしれません。

* * *

 以上、「週刊少年ジャンプ」掲載作品から4作品選んでご紹介しましたが、皆さんの心に残っている“弟子に未来を託したキャラ”は誰ですか?

(中島憲太郎)

【画像】『NARUTO』九尾チャクラモードTシャツ(7枚)

画像ギャラリー

1 2