マグミクス | manga * anime * game

『岸辺露伴』実写ドラマ3話が一挙放映 高橋一生の【スタンド】に注目!

人気マンガ『ジョジョの奇妙な冒険』のスピンオフ作品『岸辺露伴は動かない』は、2020年にNHKでドラマ化され、大好評を博しました。NHKでの全3話一挙アンコール放映を前に、高橋一生さん、飯豊まりえさんらが出演した実写版『岸辺露伴は動かない』の魅力を振り返ります。

『ジョジョの奇妙な冒険』のスピンオフ作品を実写化

ドラマ『岸辺露伴は動かない』メインビジュアル (C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社  (C)NHK・PICS
ドラマ『岸辺露伴は動かない』メインビジュアル (C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社 (C)NHK・PICS

 2020年12月に3夜連続でテレビ放送された、高橋一生さん主演ドラマ『岸辺露伴は動かない』(全3話)が、2021年8月14日(土)の夜22時56分からNHK総合テレビで一挙アンコール放映されます。荒木飛呂彦氏の人気マンガ『ジョジョの奇妙な冒険』からスピンオフした同名マンガの実写化ドラマで、個性の強すぎるマンガ家・岸辺露伴を高橋一生さんが演じ、「イメージがぴったり」と好評を博しました。

 2017年に劇場公開された実写映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第1章』は人気キャストが多数出演し、ド派手なアクションシーンが満載でしたが、興行的には奮いませんでした。その後、第2章は製作されていません。同じ荒木飛呂彦ワールドの実写化でも、原作ファンからの評価は異なる結果となっています。

 なぜ、NHK版『岸辺露伴』は成功したのでしょうか。多くの視聴者を惹きつけた魅力を振り返ります。

『ジョジョ』の大ファンゆえの葛藤も

 短編マンガとして1997年から始まった「岸辺露伴は動かない」シリーズ、および短編小説集『岸辺露伴は叫ばない』のなかから、NHKドラマとして「富豪村」「くしゃがら」「D・N・A」の3話が実写化されています。高橋一生さんが出演したNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の渡辺一貴ディレクターが演出、アニメ版『ジョジョの奇妙な冒険』や特撮ドラマで知られる脚本家・小林靖子氏がシナリオを担当。人気マンガ家・岸辺露伴(高橋一生)が、自身の周辺や担当編集者の泉京香(飯豊まりえ)が持ち込むおかしな事件の謎を解くミステリードラマとなっています。

 高橋さんは小学生の頃から『ジョジョの奇妙な冒険』を読んでいた、荒木飛呂彦作品の大ファンだそうです。岸辺露伴役のオファーを喜ぶのと同時に、ファンゆえにハードルの高さも感じたとのこと。でも、そこはさすがに演技派俳優です。変わり者で、ナルシスト系の岸辺露伴を、高橋さんはいたずら好きな男の子がそのまま大きくなったような憎めないキャラクターとして演じてみせています。

 撮影は第2話「くしゃがら」から始まったそうです。「くしゃがら」では、マンガ家・志士十五を森山未來さんが演じています。荒木飛呂彦氏の短編マンガ『死刑執行中脱獄進行中』の舞台版に主演していた森山さんだけに、作品への没入感はハンパありません。森山さんと高橋さんとの共演シーンは、同じ演技派同士の熱気があふれています。

 マンガ家としてのこだわりぶりを徹底的に描いた「くしゃがら」を最初に撮影したことで、高橋さんも役に入りやすかったのではないでしょうか。

1 2 3