マグミクス | manga * anime * game

新番組『仮面ライダーリバイス』に受け継がれる? 「悪魔」主役の特撮2作品が残したDNA

早すぎた「悪魔」による仮面劇

東映特撮番組のルーツともいえる『悪魔くん』。画像は同作DVD1巻(東映)
東映特撮番組のルーツともいえる『悪魔くん』。画像は同作DVD1巻(東映)

 悪魔が主役の特撮ヒーロー作品というと、昔からのファンは『アクマイザー3』を思い出すことでしょう。もっとも正確に言うと、登場するのは「アクマ族」であるので厳密には悪魔とは言えないかもしれません。この作品は変身ヒーローブーム末期だったことから、王道パターンと新境地開拓という、相反するものが同時に行われていました。

 王道パターンといえば、「主人公が裏切者として、かつての仲間、同族と戦う」という『仮面ライダー』でも使われている石森章太郎作品によく見られた設定です。この部分は初期のシリアスな展開で色濃く描かれていました。

 一方、意欲的な試みとしては、変身しないヒーロー、役者ではなく着ぐるみが主役の仮面劇にするというアイディアです。これは前述したように変身ヒーローブームが終わりに近づいていたことで方向性を模索していたことと、予算面から役者の出演数を削ろうとした試みでした。

 そのため、主役キャラの表情が作れないという問題が起きますが、主役のザビタンやイビルに怒りや悲しみといった表情を表現する目を作り、それを場面によって使い分けることで感情を表現しています。この方法、同じく主役が着ぐるみだった『ロボット刑事』では色を変えるだけでしたが、前年に放送開始した『がんばれ!!ロボコン』で、ロボコンの目を場面により入れ替えた方式と同じでした。

 また、着ぐるみの芝居を強化する意味で、声優陣のキャスティングに力を入れています。それまで特撮番組には出演していなかった井上真樹夫さん(ザビタン)と吉田理保子さん(ダルニア)という、アニメでは主演で活躍していた人気声優を起用、矢田耕司さん(イビル)、八奈見乗児さん(ガブラ)など、アドリブにも定評のあるベテラン声優が脇を固めていました。

 本作は人気も高く、一定の評価を得た作品で続編である『超神ビビューン』が制作されています。当初、製作側はキャラの強化だけの予定でしたが、スポンサーから変身ヒーローものに戻すことを条件にされ、キャラを一新することになりました。同時期に子供たちから絶大な支持を得ていた『がんばれ!!ロボコン』というヒット作品があったにもかかわらず、こうした流れになったのは、まだ一般的には仮面劇への評価が低かったからでしょう。

 ちなみに『アクマイザー3』は、劇場版『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム』で『イナズマン』、『美少女仮面ポワトリン』とともにリデザインされて登場、悪役として仮面ライダーと戦っています。この時は、魔界にいる悪魔という設定でした。

『仮面ライダーリバイス』では、悪魔がどのように描かれるかまだわかりませんが、過去の作品に劣らぬ面白さ、楽しさを感じさせてくれるものと期待しています。

(加々美利治)

(C)2021 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 (C)東映・東映ビデオ・石森プロ (C)石森プロ・東映

【画像】過去にもあった「悪魔」モチーフの特撮作品。最新作『リバイス』は早くも玩具が登場(6枚)

画像ギャラリー

1 2 3