マグミクス | manga * anime * game

9月15日は「迫撃!トリプル・ドム」の放送日。ジェットストリームアタック発動の背景は?

1979年9月15日は『機動戦士ガンダム』の「迫撃! トリプル・ドム」が放送された日です。マ・クベの包囲網を突破したホワイトベースの前に現れたガイア・マッシュ・オルテガ操る3機のドムの猛威はガンダムたちを苦しめますが、マチルダ・アジャンの尊い犠牲によりマッシュ機を撃墜、残る2機を撤退に追い込みました。

「マッシュ・オルテガ、ジェットストリームアタックをかけるぞ!」

「黒い三連星」はガンプラでもキット化されている。画像は「HGUC 1/144 MS-09 ドム 黒い三連星トリプルドムセット」(BANDAI SPIRITS)
「黒い三連星」はガンプラでもキット化されている。画像は「HGUC 1/144 MS-09 ドム 黒い三連星トリプルドムセット」(BANDAI SPIRITS)

 1979年9月15日は『機動戦士ガンダム』の24話「迫撃! トリプル・ドム」が放送された日です。マ・クベの包囲網を突破したホワイトベースの前に現れたガイア・マッシュ・オルテガ操る3機のドムの猛威はガンダムたちを苦しめますが、マチルダ・アジャン中尉の尊い犠牲によりマッシュ機を撃墜、残る2機を撤退に追い込みました。

 地上降下後、ホワイトベース隊は多大な犠牲を払いながらも、ガルマ・ザビやランバ・ラルたち強敵を打ち倒し、決戦の地であるオデッサへと向かっていました。しかしマ・クベが仕掛けた罠によりエンジンを破壊されたホワイトベースは航行不能となり、補給を待つはめに陥ります。

 マチルダ・アジャン率いるミデア隊がグフとドダイYSの襲撃を受けながらも辛うじて到着し、エンジンの修理に取り掛かりますが、ここで襲い掛かってきたのがキシリア・ザビ配下の勇士、黒い三連星でした。

 当時、『ガンダム』を見ていた子供にとっては「赤い彗星のシャア」以来(※注)の、二つ名を持つパイロットたちの登場です。新型重モビルスーツ「ドム」を駆る3人組がどれほどの強さを持っているのか、想像もつきません。

 案の定、3機のドムは迎撃に出てきたガンキャノンとガンタンクを、ホバー移動を駆使したスピードで圧倒します。このときガンダムはGファイターと合体したGアーマーでの出撃を敢行しようとしていましたが、パイロットがおらず急きょガンダムでの出撃経験のあるセイラが呼び出され、アムロとの急造コンビを組むこととなりました。

 どうにか戦場へと飛び立ったGアーマーでしたが、セイラがまだ不慣れなこともあり、苦戦を強いられます。それでもミサイルでドムに至近弾を与えますが、有効打とはなりません。黒い三連星の猛攻は止まらずホワイトベースの防衛線を破られてしまい、ガンダムへの分離を余儀なくされるのです。

 ガンダムが地上へと降り立ったそのとき、ドムの攻撃がホワイトベースをとらえ始めていました。マチルダ中尉は自身のミデアへと走り、ガンダムはガイアのドムと交戦しますが、バルカンが通じない装甲の厚さに驚愕します。ガイアもアムロがただ者ではないことを悟り、マッシュとオルテガを呼び、ジェットストリームアタックを仕掛けることとなりました。

(※)ランバ・ラルに「青い(青き)巨星」の二つ名が付いたのは劇場版からとなります。

1 2 3