マグミクス | manga * anime * game

アニメ『ワールドトリガー』まだ回収されていない5つの謎

最大の謎? 千佳の兄と鳩原未来はどこへ…

アンチ近界民「城戸派」、街の平和を守りたい「篠田派」、友好的近界民とは手を結びたい「玉狛支部」、トップが顔をそろえる 『ワールドトリガー』DVD VOL.7(TOEI COMPANY,LTD.)
アンチ近界民「城戸派」、街の平和を守りたい「篠田派」、友好的近界民とは手を結びたい「玉狛支部」、トップが顔をそろえる 『ワールドトリガー』DVD VOL.7(TOEI COMPANY,LTD.)

●レプリカの行方

 ときに遊真やボーダーに叡智を授け、ときに印やトリオン兵を出現させ戦闘に加勢するなど活躍をした遊真の“家族”こと多目的型トリオン兵「レプリカ」。大規模侵攻時以来、行方不明となっています。以後、修がランク戦に注力する理由に「いつ死ぬとも分からない遊真にもう一度レプリカと合わせてあげたい」という目的が追加されました。レプリカの分身が存在していることから生きてはいると見られていますが、果たしてどうなのでしょうか?

●天羽月彦の全貌

 S級隊員、すなわち黒トリガー使いの天羽。その戦闘力は迅をもしのぐと評価されていますが、戦う姿は人間離れしているといい、ボーダー幹部は市民の目に触れることを恐れています。その懸念どおり、戦闘中の描写はないものの、事後の戦地はまさに草の根も残さないほどの更地と化していました。またサイドエフェクトを持ち、敵の強さなどを色で識別できるようですが、それ以外は分かりません。要所要所で登場するわりに、明かされている情報が少ない人物です。

 これは憶測ですが、先述したゆりが語った5年前の戦いで「19人中10人が死んだ」というものがありましたが、そのうち「何人かは黒トリガーになった」といいます。もしかすると、天羽の黒トリガーと関わりがあるかもしれません。

●雨取麟児と鳩原未来

 雨取千佳はボーダー設立前から近界民に狙われるほどトリオンを有しています。この近界民から守るため、千佳の兄で三雲修の家庭教師の雨取麟児は「門」の向こう、近界に行く計画を立てます。その協力者3人のうち1人は、二宮隊のスナイパー鳩原未来。鳩原はボーダー本部からトリガーを盗み、麟児ら協力者に渡し、「門」の向こうへ消え、以後行方不明になっています。

 ボーダー本部は上記の重要規律違反の主犯を鳩原と考えているようですが、二宮いわく鳩原をそそのかした黒幕がいると推測。千佳も「きっと兄だと思います。兄にならそういうことができます」と主犯は麟児である可能性を憶測ですが示唆しています。

 麟児の目的は上記のとおり明確ですが、鳩原がなぜ協力したのか? 目的はなんなのかは分かっていません。

* * *

 まだまだ未回収の伏線が多くあり、アニメオリジナル版にも存在しています。それは1stシーズンの「逃亡者編」。玉狛第二が乱星国家エルガテスから逃げてきたゼノとリリスと出会いますが、迅のサイドエフェクトによると修らが彼らとかかわることが「最善の未来には重要なこと」だといいます。この謎も、いつかアニメオリジナルのエピソードで回収されるかもしれません。

(南城与右衛門)

【画像】『ワールドトリガー』7人の男性キャラたちのメッセージリング(9枚)

画像ギャラリー

1 2