マグミクス | manga * anime * game

アニメ『真の仲間』原作者ざっぽん先生が語る、創作の日々と映像化で生まれた魅力

TVアニメ『真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました』の放送が2021年10月6日からスタートします。前回のインタビューに引き続き、原作『真の仲間』を生み出した小説家・ざっぽん先生に、執筆スタイルやアニメ化にまつわる裏話などについて聞きました。

小説の執筆は地道な作業の積み重ね

『真の仲間』の、もうひとりの主人公・ルーティは、魔王討伐が宿命づけられているキャラクター
『真の仲間』の、もうひとりの主人公・ルーティは、魔王討伐が宿命づけられているキャラクター

 2021年10月6日(水)から放送が始まるTVアニメ『真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました』(通称:真の仲間)は、世界を救う勇者のパーティーから「役立たず」として追い出された主人公・レッドが、かつての戦友でもあるお姫様・リットと、辺境の地で幸せな共同生活を送る物語。ファンタジーとしても恋愛物語としても評価が高く、シリーズ累計160万部を突破しています。

 前回のインタビューに引き続き、原作者・ざっぽん先生に、「追放系」ジャンルの原点とされる原作とアニメ化の経緯などについて聞きました。

※インタビュー前編は[こちら]

* * *

──先生ご自身の創作スタイルについてもお聞きしたいと思います。毎日どのような形で執筆をされているのでしょうか?

ざっぽん先生(以下、ざっぽん) パソコンの前に座り、腕組みをし、「う~ん」と唸り、ああでもないこうでもないと悩みながら、筆が進み始めるのを待つ毎日です。作家ならではのカッコイイ創作スタイルのようなものがあれば、喜んでお話できるのですが(笑)。でも、締切はちゃんと守る方なんですよ。

──地道な作業の積み重ねなんですね。

ざっぽん 同業の先生方の中には、天才的なひらめきが降りてくるや、何万字もの原稿を一気呵成に書き上げてしまう方もいらっしゃいます。私はそれをうらやましく思いながら、「1日に最低何文字は書こう」と目標を立てて、泥臭く続けていっている感じですね。

──同業の方によるヒット作に目を通したりはするのでしょうか?

ざっぽん それはしますね。どんな作品が流行っているか、読者の皆さんが今何を求めているのか、少しでも知ることが作家としての武器になると思うからです。「こう書けば読者に伝わるのか」と、勉強になることもあります。どんなに面白いお話が頭のなかにあっても、伝え方を知らなければ伝わりませんから。

──事前にプロット(あらすじ)を考えてから書くタイプと、感性のおもむくままに筆を走らせるタイプ、作家には大きくふたつのタイプがいるといわれています。先生はどちらに近いでしょうか?

ざっぽん 前者ですね。ただ、書いているうちに予定から外れた物語になるのが通常ですから、プロットそのものにはあまり頼らないタイプかもしれません。『真の仲間』にアルという男の子が登場しますが、プロットの段階では、アルベールという別の人物と密接な関わり合いを持っていく予定でした。原稿を書いているうちに、それがまったく違う流れになったわけです。

──アルベールは脇役ではありますが、野心と宿命との間で葛藤する人物として、非常に魅力的なキャラクターです。

ざっぽん プロット通りに動かなかった人物は他にもいますが、アニメでは星野真監督が、全員をとても魅力的に表現してくれていると思います。

【画像】勇者パーティに残ったキャラにも注目!『真の仲間』の登場人物たち(10枚)

画像ギャラリー

1 2 3