マグミクス | manga * anime * game

死期が近い男の“友”への頼みとは? 結末で明かされる友人の正体に驚き!

病の床につく男と、孤独な彼の話し相手をしている“友”。ある晩のこと、死期の近さを感じ「もう夜を越せそうにない」と考えた男は、“友”に最期の頼みを切り出して……。tomomiさんが創作マンガ『夜の友』を公開中です。

病のせいで奥さんにも見放された男と“心優しき友”

病気で「もう夜を越せそうにない」と感じている男(tomomiさん提供)
病気で「もう夜を越せそうにない」と感じている男(tomomiさん提供)

 ある晩のこと、病床に伏した男が、いつものように“友”に物語を聞かせてもらっています。“友”の話が終わると、男は「今夜は折り入って君に頼みがあってな」と切り出しました。実は彼は、自分がもう限界で「夜を越せそうにない」と感じていて……。

 tomomiさん(@tadaresan)が、Twitterで創作マンガ『夜の友』を公開中です。読者からは「めっちゃ好きです」「こんな最期なら迎えてもいい」「この方の作品は、なぜか私の琴線にすごく響く」といったコメントが寄せられています。

 作者のtomomiさんに、お話を聞きました。

ーーtomomiさんの漫画家としてのデビューのきっかけを教えて下さい。

 趣味でTwitter、pixivなどに投稿していた4ページのマンガを編集者の方が読んで下さっていたようでメールで声をかけていただき、そのまま今に至ります。

ーー『夜の友』のお話はどのように生まれましたか?

 とある芸人さんの『落語 死神』を観て、自分ならこの落語をどうアレンジするだろうと考えたのがきっかけです

ーー作品に対する読者からの反応では、どのような声が特に印象に残りましたか?

 原作にあたる『落語 死神』の内容を元にした演出を汲み取ってくれる方が多かったと思います。もちろん、雰囲気や絵だけでも楽しんで素直な感想をいただけるというのは本当に幸せなことだと思います

Twitterで公開した『送り狼』が連載化された『八月九日 僕は君に喰われる。』(竹書房)
Twitterで公開した『送り狼』が連載化された『八月九日 僕は君に喰われる。』(竹書房)

ーー竹書房の「WEBコミックガンマぷらす」の連載『八月九日 僕は君に喰われる。』は、単行本の第3巻が発売されました。こちらの作品についても、ご紹介をお願いいたします。

 第3巻とまで行きましたが、物語が始まるのはこれからのつもりです。

ーー今後、Twitterで発表される作品については、どのように活動していきたいとお考えでしょうか?

“自分が納得できるまで”を徹底していきたいと思います。

(マグミクス編集部)

【マンガ】“友”が座っている位置にも注目…元になった落語と照らし合わせると深い! 本編を読む

画像ギャラリー