マグミクス | manga * anime * game

子供たちも困惑? 『トムとジェリー』に「ケンカ版」と「仲良し版」がある理由

アメリカを代表するカートゥーン『トムとジェリー』。ネコのトムとネズミのジェリーがドタバタ追いかけっこするコメディーアニメで、現在でも映画化されるなど80年近く続く人気の作品です。そんな『トムとジェリー』にはケンカばかりのバージョンと、仲が良いバージョンがありました。歴史のなかでふたつのバージョンが生まれた理由とは?

見る側もケンカ描写を心待ちにしていた

2021年3月に公開された映画最新作は、実写とCGアニメが合成された作品。画像は『映画 トムとジェリー ブルーレイ&DVDセット』(ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント)
2021年3月に公開された映画最新作は、実写とCGアニメが合成された作品。画像は『映画 トムとジェリー ブルーレイ&DVDセット』(ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント)

 1940年にアメリカで誕生し、日本では1960年代から放送されていた人気アニメ『トムとジェリー』。追いかけっこやケンカばかりの2匹という印象の方が多いと思います。しかし、そのような争いがなく、トムとジェリーが仲良しな回もあったのです。大きく異なる2つのバージョンはどのようにして生まれたのでしょうか?

 筆者が初めて『トムとジェリー』を観たのは幼稚園のころ。今考えると日本での再放送だったのでしょうか、月曜から金曜の夕方に放送されていました。あまりに有名で説明するのも憚(はばか)られますが、エンディング曲の「♪仲良くケンカしな」といった歌詞にあるとおり、2匹はとにかく毎日追いかけっこやケンカをしています。

 ジェリーが挟むタイプのネズミ捕りをトムのシッポに仕掛けたり、投げつけられたプライパンを飲み込んだトムの顔面がフライパンの形になったりと、子供が観ても愉快な誇大表現だと分かる場面もありながら、重いアイロンや家具をトムの頭に落としたり、トムがジェリーの巣にダイナマイトを仕掛けたりと、現実ならば死んでもおかしくない過激なシーンもありました。

 とはいえ、死線を行ったり来たりするような緊迫感はなく、あくまでもファニーなテイストのケンカです。『スラムダンク』の湘北・流川と山王・沢北のように、互いを認めあう者同士のマッチアップを見るような気持ちで2匹の戦いを楽しむことができるのです。

 それゆえに当時はケンカばかりの内容でも楽しく視聴できていましたし、たまに2匹が共闘して犬を退治したり、度を超えたいたずらにジェリーが反省する回などでは「コレじゃないな……」と違和感を感じるほど、どこかケンカを待望している面もありました。

 そんな筆者は、ある日の『トムとジェリー』を観て愕然としてしまったのです……。

1 2 3