マグミクス | manga * anime * game

またやって来た!「ウルトラシリーズ」の名物宇宙人たち。何度も襲来する理由は?

ユニークな怪獣や敵キャラが多数登場するウルトラシリーズですが、なかには作品や時代をこえて何度も登場する宇宙人たちがいます。知名度は高くとも、どういう意図で地球にやってきたのかあまり知られていないキャラもいるのです。今回は有名宇宙人のバルタン星人、ヤプール人、メトロン星人を取り上げ、その歴史と目的を振り返ります。

ウルトラマンへの復讐? それとも侵略?

世代交代しながら何度も地球にやってくるバルタン星人。画像は「S.H.Figuarts バルタン星人」 (C)円谷プロ (C)BANDAI」
世代交代しながら何度も地球にやってくるバルタン星人。画像は「S.H.Figuarts バルタン星人」 (C)円谷プロ (C)BANDAI」

 この2021年で、ウルトラシリーズは1966年の『ウルトラマン』放送開始から55周年を迎えました。これまでさまざまな人気キャラクターが誕生しましたが、なかにはシリーズを通して何度も登場する敵もいました。そもそも彼らは何の目的で繰り返し地球にやってきたのでしょうか。今回は、性懲りもなく何度も地球にやってきた有名な宇宙人たちを紹介します。

 ウルトラシリーズで何度も登場する宇宙人といえば、真っ先に思い浮かぶのが「バルタン星人」でしょう。両手がハサミ、「フォフォフォフォ」の特徴的な鳴き声など、個性が強いこの宇宙人は『ウルトラマン』第2話「侵略者を撃て」で初登場しました。

 このエピソードは一見、地球侵略を試みたバルタン星人をウルトラマンが成敗するという話に見えますが、よくよく見るともっと穏やかなエピソードです。あらすじは、宇宙旅行中に母星が消滅してしまい、行き場を失ったバルタン星人が「地球に住むことにした」と申し出るというもの。

 ただし、移住するのは宇宙船で眠っている20億人以上のバルタン星人であり、それを知ったウルトラマンに宇宙船ごと撃破されてしまいました。そのため、ファンの間でも「ウルトラマンによる大量虐殺なのでは?」と長年議論されていますが、その後、難を逃れたバルタン星人が第16話と第33話で登場しています。

 そして、続編の『帰ってきたウルトラマン』第41話でもバルタン星人が登場しています。タイトル「バルタン星人Jrの復讐」の通り、初代ウルトラマンに倒されたバルタン星人の息子が、父の仇を討つべく地球にやってきたのです。また、『ウルトラマン80』に登場したバルタン星人は、80を捕獲して母星の動物園に収容したい、というなんともユニークな目的で来訪しています。

 一方、執念深さで群を抜いているのは、『ウルトラマンA』で登場したヤプール人でしょう。ウルトラシリーズ初の「作品全体を通しての悪役」としても有名です。厳密には宇宙人ではなく「異次元」からきた人間として描かれており、よく分からないこの曖昧さがヤプール人の気持ち悪さを加速させています。

 そして、ヤプール人の目的は単純明快な「地球侵略」でした。しかし、そのやり方は回りくどく、暴力は使わず、人の心を操ったり、子供たちをさらったりと陰湿な方法でした。さらに「怨念」で何度でも復活することが可能で、『ウルトラマンA』の作中で倒されても、『ウルトラマンタロウ』『ウルトラマンメビウス』などで復活し、その度にウルトラ兄弟に復讐を目論んでいる厄介な存在でした。

【画像】しつこいぞ! 何度も復活して地球に襲来した、ウルトラシリーズの宇宙人

画像ギャラリー

1 2