マグミクス | manga * anime * game

アニメ『ダイの大冒険』ついに登場、大魔王バーンの名セリフ「今のはメラゾーマでは無い」

2021年11月13日放送のTVアニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』で、ついにダイたちとの決戦の場に登場した大魔王バーン。その圧倒的な力はダイたちの戦意を喪失させるには十分でした。そして、バーンの名セリフには必殺技と同じくらいの破壊力があったのです。

悪の支配者として大物ぶりを見せる大魔王バーン

『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』2年目ビジュアル (C)三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京 (C)SQUARE ENIX CO., LTD.
『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』2年目ビジュアル (C)三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京 (C)SQUARE ENIX CO., LTD.

 1年以上TV放送が続いている『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』も、2021年11月13日放送の第57話「魔界の神」で、ついにラスボスである大魔王バーンとの戦いに突入しました。果たして戦いの決着はどうなるのでしょうか? ちなみに本文はアニメ版でのお話です。原作を読んでいるみなさんは知っているだろう、先の展開はあえて触れないで語っていきましょう。

 バーンとの戦いは、バランの遺体を焼かれてしまうという衝撃の展開から始まりました。そして、パーティの中心である勇者ダイがいきなり戦線離脱というまさかの事態になります。

 この非道な行動にバーンの周到さが出ていました。まず、バランの遺体を完全に消滅させることで復活できる可能性をゼロにする。それを見たダイは怒りに任せて何も考えず攻撃を仕掛ける。そのダイを反撃で早々に戦闘不能にさせてパーティの士気をそぐ。

 他者の考えていることを容易に見抜き、まるで盤上の駒のように二手三手先を考えてコントロールするバーンならではの戦略です。ここまでのバーンの行動を見ても、そういったことが何回かありました。分かりやすい例で言うと、ハドラーに死刑宣告をしながらもアバンを倒した功績からもう一度のチャンスを与えます。それは追い詰められたハドラーが「化けるかもしれない」と考えたからでした。結果、ハドラーは自らを超魔生物へと改造して、著しくレベルアップします。

 余談ですが、この時にバーンが指を折りながら失態を数えていた時、最後に残したのが小指。そして、ハドラーのなかの「黒の核晶(コア)」を発動させる時に使ったのも小指でした。

 こういったバーンの手際を見ていくと、簡単に部下を始末するという悪の組織にありがちな行動を取らないバーンは、支配者としては優秀な存在と言えるかもしれません。ただし、裏切者に刺客を送る。部下に内緒で爆弾を内蔵させ、それを自分の都合で爆発させようとするなど、非情な面が多々あるので、あくまでも悪の組織の支配者として理想のタイプなのでしょう。これが普通の組織ならブラック企業確定ですね。

 そう、バーンは大魔王として大変魅力があるキャラクターで、敵役として不動の人気を誇っています。それは単なる力だけでなく、饒舌にして雄弁、口論でも絶対に他者に負けないタイプ。有能な政治家、といよりも独裁者のお手本のようなキャラです。それゆえバーンには名セリフが多いことでも有名でした。

1 2 3