マグミクス | manga * anime * game

『ポケモン不思議のダンジョン』目が覚めたらポケモンに…ハードなストーリー展開はシリーズ唯一無二

2005年11月17日に発売された『ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊・青の救助隊』。本作はローグライク要素を踏襲したゲームシステムとポケモン視点で描かれた重厚なストーリーを引っさげ、従来のシリーズタイトルと一線を画する唯一無二の魅力を放っていました。

新路線を打ち出した「ポケモン不思議のダンジョン」シリーズ一作目

ゲームボーイアドバンス用ソフト『ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊』(任天堂)
ゲームボーイアドバンス用ソフト『ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊』(任天堂)

 ついさっきまでごく普通の日常を送っていたはずなのに、何かしらのきっかけで別次元の世界に飛ばされてしまい、今までとは違う人生を送る羽目になる……。こうした「異世界転生」と呼ばれるジャンルは2010年代後半を境目に浸透し始めました。特にライトノベルやアニメ作品(ラノベの映像化がメイン)はその傾向が顕著です。2021年時点ではもはや定番を通り越し、アニメ&ラノベ市場における異世界モノは飽和状態を迎えていると言っても過言ではありません。

 この記事でご紹介する『ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊・青の救助隊』(以下、ポケモン不思議のダンジョン)もまた、「ポケットモンスター」(以下、ポケモン)シリーズにおける異世界転生……もとい「ポケモン転生」モノの名作。本作には通常の「ポケモン」と一線を画するユニークな世界が広がっていました。

 本作は2005年11月17日に任天堂より発売されたダンジョンRPGで、「トルネコの大冒険」シリーズに端を発するローグライク要素(ダンジョンのランダム生成など)を継承しているのが特徴です。基本的な流れは「ポケモンの依頼を受ける→パートナーポケモンと一緒にダンジョン攻略→依頼達成→イベント進行」というもの。それまでの「ポケモン」シリーズと異なり、本作でしか見られないシステムが大々的に採用されています。

 なお、青の救助隊(ニンテンドーDS)・赤の救助隊(ゲームボーイアドバンス)とプラットフォーム別に2バージョン用意されていますが、出現ポケモンなどの違いは特になく、どちらを選んでもフルに本編を楽しむことができました。

 本作の物語は、名もなき主人公が3体のうち1体のポケモンを手にして旅立つ……のではなく、プレイヤー自身がポケモンとして目覚めた瞬間から幕を開けます。プレイヤーもとい主人公は「自分がもともと人間だった」という事実は覚えているものの、どうしてポケモンになったのか、ポケモンとして生きる目的といった大事なことは一切覚えていません。

 何もかもがあいまいなまま、見知らぬ森のなかで途方にくれていた主人公。そこへ一匹のポケモンが駆け寄り、「自分と一緒に困ったポケモンたちを助ける救助隊を結成しないか?」と持ちかけてきました。この誘いに乗った主人公はパートナーポケモンと共に救助隊を結成。助けを求めるポケモンに手を差し伸べるため、そして自分がポケモンに転生した原因を突き止めるため、駆け出し救助隊として第一歩を踏み出します。

 上述の通り、本作は「不思議のダンジョン」シリーズからシステムの大部分を踏襲しているものの、「ポケモン」シリーズのターゲット層やローグライクになじみのないライトユーザーを意識した結果か、難易度は比較的マイルドにまとまっている印象です。『風来のシレン』や『トルネコの大冒険』ではダンジョンに挑むたびにレベルがリセットされていましたが、『ポケモン不思議のダンジョン』はプレイ経過に関わらず、パーティーのレベルを維持したままダンジョン攻略にチャレンジできます。また、ゲームオーバー時の全ロスト(お金・アイテム類・レベルリセット)も緩和されており、ダンジョン内で倒れてしまった場合でも、アイテムの一部を持ったまま帰還することができました。

【画像】続編「ポケモン不思議のダンジョン」シリーズ(5枚)

画像ギャラリー

1 2