マグミクス | manga * anime * game

『零次元アイドル』声優・徳留慎乃佑さんが語る、「氷雨は家族のようなユニット」

人の心を動かす声優になることが目標

「氷雨」の楽曲レコーディングに臨む徳留慎乃佑さん(マグミクス編集部撮影)
「氷雨」の楽曲レコーディングに臨む徳留慎乃佑さん(マグミクス編集部撮影)

――「氷雨」はどんなユニットなのでしょうか。

徳留 那琉君が弟で西寺拓史君がお兄ちゃん、あとのふたり(枕野音鶴、鳴羽柚助)がお父さんとお母さんで、家族みたいなユニットです。4人だから2人2人に分かれています。グループLINEもあります。

――「氷雨」の曲の特徴を教えてください。

徳留 曲をいただいたとき、学生時代を思い出すような、青春のイメージを感じました。学生のときの、甘酸っぱい青春を思い出すような曲で意外でしたね。歌っていて楽しかったです。

 あと、あるパートだけ「女の子で歌ってください」と言われました(笑)そのパートはライブでやるときにお客さんにと一緒に歌ってほしいと言われていて、なるほどと思って歌いました。聞いてくださる方はその部分を一緒に歌っていただけると、掛け合いみたいになるので、楽しいんじゃないかなと思います。

――歌はお好きですか。

徳留 歌は大好きです。自分でうまいとは思っていませんが、歌のお仕事をいただくと、ワクワクします。イベントでは衣装を着るのですが、衣装を着るとよりキャラクターに近くなれますね。衣装を着るとこんなに役になりきれるんだと思いました。

――ダンスパフォーマンスはいかがですか。

徳留 だ、ダンスですか……が、頑張ります。イベントでダンスがあるときは、寝ずに練習します(笑)振り付けは覚えられるんですが、リズムを合わせるのがちょっと苦手なんです(笑) 以前、舞台で踊ったこともありますが、必死で覚えました。お客さんが見てくださるので気は抜けないです。

――声優になろうと思ったきっかけを教えてください。

徳留 僕は特徴的な声だと思うのですが、そのせいで学校に行きたくない時期や悩んでいる時期がありました。そんなときに、今は先輩の松岡禎丞さんが出演しているアニメを見て、そのキャラクターの真似をして友達としゃべっていたら、悩みがなくなり救われた経験があり、そこから声優になりたいと思うようになりました。かつての僕みたいに、僕の演じた役で救われる人が出てきたらいいなと思っています。

――理想の声優像を教えてください。

徳留 作品を見て感じていただくものがあれば、うれしいなと思います。学校や仕事から帰って、テレビをつけたら僕が出ている番組がやっていて、それを見て笑顔になれたり、心を動かされたりしてくれたらうれしいです。人の心を動かせる声優さんになりたいですね。

――憧れの先輩声優さんはいらっしゃいますか。

徳留 出会った先輩はみんな素敵だと思っていて、尊敬できる先輩ばかりです。そのなかでも特に尊敬しているのが下野紘さんです。とても忙しい方ですが、僕が「お誕生日おめでとうございます」とメッセージを送ると、すぐに「ありがとう」と返してくださいますし、とても気に掛けていただいています。

 以前、イベントがあったときに下野さんと同じ会場で、控え室に下野さんが入ってきて、ほかの出演者の方々に「うちの徳留をよろしくお願いします」と言ってくださったんです。まだ新人だったんですが、優しくしてくださって、ほんとうに尊敬しています。

――最後に『零次元アイドル』のファンの皆さんに一言お願いします。

徳留 「氷雨」以外にもふたつのユニットがあり、キャラクターもたくさんいて、全員魅力的です。でも、特に「氷雨」を推していただけたらうれしいです(笑)好きなキャラを見つけて応援しながら楽しんでほしいですね。

(マグミクス編集部)

・『零次元アイドル』神鳥谷那琉役をつとめる徳留慎乃佑さんが出演する「氷雨」のボイスドラマCD「冷たい雨」は2021年12月8日(水)発売予定。その他、ユニット「炎舞」と「琥月」のボイスドラマCDも同日発売予定です(スマートフォンアプリ「アニメビーンズ」では3種類とも先行デジタル配信中です)。

・『零次元アイドル』公式サイト:https://0jigen.com/

【画像】様々なタイプのイケメンと和テイストがマッチした「氷雨」のビジュアル(5枚)

画像ギャラリー

1 2