マグミクス | manga * anime * game

『遊郭編』で異彩を放つ「ムキムキねずみ」 宇髄天元の忍獣がネズミである理由を考察

『鬼滅の刃 遊郭編』に登場するキャラクターのなかでも、ひときわ異彩を放つのが、音柱・宇髄天元の使いである「忍獣」ムキムキねずみです。なぜ天元の忍獣はネズミであり、ムキムキだったのでしょうか?

英語で筋肉「muscle」の語源は小さなネズミを意味する「musculus」

TVアニメ『鬼滅の刃 遊郭編』キービジュアル (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
TVアニメ『鬼滅の刃 遊郭編』キービジュアル (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

『鬼滅の刃 遊郭編』に登場するキャラクターのなかでも、ひときわ異彩を放つのが、音柱・宇髄天元の使いである「忍獣」ムキムキねずみです。原作の76話で初登場した際には嘴平伊之助の呼びかけに応じ、2匹のねずみが筋肉をムキムキさせながら日輪刀を運んでくる驚愕の光景を披露しています。

『鬼滅の刃』では鬼滅隊隊士の連絡要員として鎹鴉(かすがいがらす、善逸のみなぜかスズメ)が使用されるなど、知能の高い動物の使役は日常的に行われています。しかしこのシーンでのムキムキねずみの登場はあまりにも唐突で、刀を持ち上げているシーンと「ムキッ ムキッ」という擬音、さらに「御覧の通り力も強い」と書かれたナレーションの絶妙なシュールさが、異様にツボに入ったという方も多いのではないでしょうか。

「遊郭編」のオープニングでは走る伊之助の後ろをムキムキねずみが追いかけるシーンが描かれており、鍛え上げた人間に勝るとも劣らない健脚ぶりを披露しています。アニメ初登場シーンのナレーションは大塚芳忠氏が担当するのでしょうか。どのように読み上げてくれるのか楽しみでたまりません。

 しかし、なぜ天元の忍獣はネズミであり、ムキムキだったのか。

 実は、筋肉を意味する英語「muscle」の語源はラテン語で小さなネズミを意味する「musculus」であり、筋肉が収縮する際になかでピクピクと動く様子が、まるでネズミがいるように見えたからだと言われています。ムキムキねずみという一見全く関係ないように思われる言葉は、根本的な部分でしっかりとつながっているのです。おそらく、これは偶然ではないでしょう。突拍子もないキャラクターと思わせておきながら、実は吾峠呼世晴先生の類まれなる言語センスと知識が隠されているのがムキムキねずみなのだと思われます。

 また、大正時代は現代ほど街中にいる動物の種類が多くありません。猫は珠世の使い猫である茶々丸が存在しており、犬は鍛え上げるとおそらく戦力になってしまうので、存在感が強くなりすぎます。潜入作戦時のサポート役としてほどよいのが、おそらくネズミだったのでしょう。

ムキムキねずみは何ネズミ?

 とはいえ、ネズミと言ってもさまざまな種類がいます。果たしてムキムキねずみは何ネズミなのかを考察してみようと思います。

 作中の解説では、ムキムキねずみは「特別な訓練を受けており極めて知能が高い。ご覧の通り力も強い。一匹で刀一本持ち上げられる」と書かれています。知能面はともかくとして、1kg程度ある刀を一本持ち上げるとなると、それなりの大きさが必要になると思われます。

 日本にはさまざまなネズミが生息していますが、大まかには野外に住む野ネズミと人の近くに住む家ネズミに分けられます。代表的な野ネズミとしてはアカネズミやヒメネズミが挙げられますが、アカネズミは体重が20gから60g、ヒメネズミは10gから20g程度と、刀を持ち上げるには小さすぎます。この2種類は除外していいでしょう。

 家ネズミについては、ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミの3種類が挙げられます。このなかで最も大きいのはドブネズミで、大きい個体だと胴体が30cmにシッポが30cmの全長60cmほど、体重は5~600g程度にまで達します。また、寿命も3年ほどあるので訓練を施す時間も取れそうです。クマネズミは200g以上の体重になることもありますが、寿命が1年から1年半ほどと短く、ハツカネズミは10gから30g程度にしかなりません。こうして考えてみると、ムキムキねずみの種類はドブネズミの可能性が高いと言えます。

 しかしクマネズミはドブネズミよりも登攀(とうはん)力が高く、天井裏に営巣する特徴があり、また学習能力も高く罠にかかりにくいとされています。対するドブネズミは台所や下水道など湿気が多いところを好んでいます。ムキムキねずみの初登場シーンは天井裏だったため、クマネズミの可能性も捨てきれません。

『鬼滅の刃 公式ガイドブック』には「ムキムキねずみは根性のある鼠を集めて鍛えた」と書かれています。もしかしたらネズミを集め、訓練を行う過程でドブネズミの体格と寿命を持ち、クマネズミの登攀性と頭脳を持つ特異な個体を探し出していたのかもしれません。果たして何を食べさせどんな鍛え方をしていたのか、TVアニメ「遊郭編」で明かされることはあるのでしょうか?

(早川清一朗)

1 2