マグミクス | manga * anime * game

『鬼滅の刃』本編で過去が描かれなかった鬼4体「あまりにも外道」「意外にロック」

大ヒットマンガ『鬼滅の刃』にはさまざまな鬼が登場します。彼らは人間時代の悲惨な記憶を持っていることが多く、死の直前にそれを思い出したり、心が救われたりする場面も見どころです。しかし、具体的な人生が語られない鬼もいました。彼らはいったいどんな人間だったのでしょうか。

「毬」で遊びたいだけだった?

人間時代の記憶が武器の毬に反映された朱紗丸。画像はアニメ『鬼滅の刃』より (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
人間時代の記憶が武器の毬に反映された朱紗丸。画像はアニメ『鬼滅の刃』より (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

『鬼滅の刃』は、2020年に原作が完結してもTVアニメを中心に人気が沸騰中。熱いバトルにてんこ盛りのギャグ、そして泣ける人間ドラマなど、多彩な見どころが多くの読者、視聴者を惹きつけています。

 同作では、敵である鬼たちの悲しい過去も克明に描かれます。下弦の伍・累(るい)の両親との過去をはじめ、上弦の参・猗窩座(あかざ)の過去など、さまざまなドラマが描かれる一方で、作中では人間時代のことが特に語られない鬼たちもいます。彼らはいったいどんな人生を送っていたのでしょうか。

※以下、『鬼滅の刃』でアニメ化されていないストーリーや、キャラクターの最期に触れていますのでご注意下さい。

●魘夢

 国内興行収入歴代1位となった『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』に登場した下弦の壱・魘夢(えんむ)は、炭治郎たちを夢の世界に閉じ込めてギリギリまで追い詰めた強敵でした。映画の大ヒットもあって印象に残っている鬼のはずですが、彼の過去は劇中では描かれていません。

 しかし、公開時の劇場版入場特典についていた「大正コソコソ噂話」で、魘夢の人間時代が明らかになっています。本名は不明ですが、彼は重い病気の患者に対し催眠療法……のふりをした詐欺まがいの治療をして金をだまし取ったうえに、本当は治っていないことを告げて絶望する様を楽しんでいました。鬼になったきっかけは、無惨に気まぐれに襲われて、気まぐれに血を分けてもらっただけのようです。

「無惨様のパワハラ会議」と有名な場面でも「人の不幸や苦しみを見るのが大好き」と言っていたので、ある意味一貫した人生と言えなくもありません。

●朱紗丸

 炭治郎が初めて無惨と遭遇した後、珠代や愈史郎と一緒にいる時に刺客として襲ってきた鬼が朱紗丸(すさまる)です。殺傷能力の高い複数の毬をぶつけて攻撃する血鬼術を持ち、矢印で物体の動く方向を自在に操る能力を持つ鬼・矢琶羽(やはば)とコンビを組んで襲ってきました。出番は短いですが、かわいらしい幼女の見た目をしていることもあって人気の高いキャラです。

 具体的な過去は描かれませんが、最期のシーンで肉片から「まり……遊ぼ……」という声が出ていたので、おそらく無邪気な子供がそのまま鬼にされたものではないかと思われます。公式ファンブックの「鬼殺隊見聞録」では、毬は父親に買ってもらった思い出の品であることが明らかにされています。

 また、アニメの次回予告「大正コソコソ噂話」では、矢琶羽とは炭治郎殺害の命を受けた時が初対面で、任務に向かう途中で仲良くなったことが明かされていました。群れることが少ない鬼でありながら一定の社交性を持っているという点では、やや珍しい存在といえるかも知れません。

【画像】過去が不明だった鬼たちの最期もわかる『鬼滅の刃』関連画像(6枚)

画像ギャラリー

1 2