マグミクス | manga * anime * game

『シン・ウルトラマン』公開前に観るべき? 斎藤工主演の配信ドラマ『8日で死んだ怪獣』

「ヒーローとは何か?」を問いかける最終話

『8日で死んだ怪獣の12日の物語』は、『ウルトラセブン』に登場した「カプセル怪獣」から着想を得て製作されている。画像は「ウルトラ怪獣シリーズ42 ウインダム」(バンダイ)
『8日で死んだ怪獣の12日の物語』は、『ウルトラセブン』に登場した「カプセル怪獣」から着想を得て製作されている。画像は「ウルトラ怪獣シリーズ42 ウインダム」(バンダイ)

 ネット上で気軽に楽しめる『8日で死んだ怪獣の12日の物語』ですが、タイトルに記されている8日めで、「カプセル怪獣」に異変が起きます。日ごとに形状が変化していた「カプセル怪獣」が、凶悪星人を思わせる姿に成長してしまったのです。これ以上「カプセル怪獣」を部屋で育てることに危険を感じたサトウタクミは、ある決断をします。命あるものを育てることの責任の重さを感じさせる回となっています。

 シビアなシーンが『8日で死んだ怪獣の12日の物語』にはあるものの、最終日となる12日めには予想外の結末が待っています。サトウタクミを演じた斎藤工さんがカメラに向かって「ヒーローとは何か?」を語りかけるシーンもあり、最後まで見終わった後は決して嫌な気分にはなりません。

 ネット上で好評を博した『8日で死んだ怪獣の12日の物語』は、2020年7月末から『8日で死んだ怪獣の12日の物語 -劇場版-』としてミニシアターでの上映も行われました。劇場版には斎藤工さん、武井壮さんに加え、のんさん、穂志もえかさん、原案者でもある樋口真嗣監督も出演しています。

 岩井俊二監督は、庵野監督が故郷の山口県宇部市でロケ撮影した実写映画『式日』(2000年)に主演しており、庵野監督を連想させる「カントク」を演じていました。岩井監督は、庵野監督、樋口監督とほぼ同世代でもあり、ウルトラシリーズとともに育った世代ならではの「怪獣愛」を感じさせる作品に『8日で死んだ怪獣の12日の物語』はなっています。

「ウルトラマン」世代のハートをつかむ過去作

 端正なルックスの斎藤工さんは、これまでに数多くの映画に出演してきました。なかでも特撮ファンにおすすめなのは、阪本順治監督が撮った『団地』(2016年)です。大阪の団地を舞台にした実写ドラマですが、斎藤さん演じる真城は非常にユニークなキャラクターです。真面目な顔で「準備万端、バルタン星人」などと微妙なダジャレを連発するおかしさがあります。後半で明かされる真城の意外な正体にもびっくりさせられます。

 往年の人気時代劇『赤影』へのオマージュ感あふれる特撮アクション時代劇『虎影』(2015年)、人気マンガをミュージカル映画にした『愛と誠』(2012年)など、斎藤工さんは「ウルトラマン」世代が気になる作品でインパクトのあるキャラの数々を演じてきました。「齋藤工」名義での監督・出演作『ブランク13』(2018年)も、捻りの効いた見応えのある作品です。

 イケメンながら、斎藤工さんは「面白い映画を作ることが大好き」な俳優&クリエイターとして知られています。庵野&樋口という特異な才能たちと斎藤さんとの化学融合によって、『シン・ウルトラマン』もファンの想像を上回る特撮映画になっているのではないでしょうか。どんな新しいヒーロー像を見せてくれるのか、とても楽しみです。

(長野辰次)

【画像】昭和ウルトラ世代を直撃? 『シン・ウルトラマン』主演・斎藤工の出演映画作品(5枚)

画像ギャラリー

1 2 3