マグミクス | manga * anime * game

『ワンピース』の「上司にしたいキャラ」3人 蚊に刺された出血すら心配してくれる

テレビアニメ放送がついに1000話を超えた国民的マンガ『ONE PIECE(ワンピース)』。個性豊かなキャラクターたちが物語を盛り上げている同作ですが、主人公のルフィをはじめ、海賊団の船長や海軍の将校などさまざまな「理想の上司」が登場います。この記事では、そんな「上司にしたいキャラ」を3人紹介します。

「部下が血を流し・・・傷つくのは・・・私の心だ!!!」

 尾田栄一郎先生原作の『ONE PIECE(ワンピース)』。コミックスは100巻を超え、テレビアニメはついに1000話に到達するなど、幅広い支持層を持つ国民的人気作として知らています。
 
 そんな『ワンピース』には個性豊かなキャラクターが多数登場し、物語を盛り上げています。今回はそんな『ワンピース』の登場人物のなかでも、魅力的な「上司にしたいキャラ」を特集します。

「上司にしたいキャラ」と聞いて、主人公のモンキー・D・ルフィは言わずもがな、部下からの信頼が厚く、明るい雰囲気作りが上手い「赤髪のシャンクス」、部下たちを「息子」と称し家族同然の関係性を築く「白ひげ」などを思い浮かべた方も多いと思います。この記事では、前述の王道キャラクターたち以外から「上司にしたいキャラ」を、その魅力や名シーンとあわせて紹介します。

●Tボーン大佐

Tボーンが表紙に描かれる『ONE PIECE』第39巻(集英社)
Tボーンが表紙に描かれる『ONE PIECE』第39巻(集英社)

 まず紹介するのは、海軍本部大佐のTボーンです。麦わらの一味がウォーターセブンからエニエスロビーへ向かう道中で出会いました。

 Tボーン大佐は顔が非常に怖いのですが、作中きっての「部下思い」というギャップのある一面がたびたび描かれます。例えば、部下の海兵が蚊に刺されて血を流していると、「いかーん!すぐに止血を!」と自らの大事なマントを引きちぎって止血に使用していました。「部下が血を流し・・・傷つくのは・・・私の心だ!!!」という名ゼリフからも、彼の部下への愛情が伝わります。

 その後も、政府の役人が怪我している場面に出くわす度にマントをちぎって止血して、マントをちぎって止血して……と、気付けばTボーン大佐のマントは肩周りだけの布切れになってしまっていました。

 そんな心優しきTボーン大佐ですが、海王類を真っ二つにする「剣豪」ぶりも見せています。ロロノア・ゾロをもってしても「コイツ強ェ……!!!」と言わしめる実力者。最後はゾロに一撃で斬られて物語からフェイドアウトしてしまいますが、優しさと強さを兼ね備えたまさに理想の上司だと感じさせる海兵でした。

 ちなみに、アニメ881話「動き出す 執念の新元帥サカズキ」で、サカズキが世界会議に向けて準備していたときにTボーン大佐が再登場します。相変わらず真面目で元気な姿が描かれ、一部のファンの間で盛り上がりました。

【画像】ほかにもいる!『ワンピース』理想の上司キャラ(7枚)

画像ギャラリー

1 2 3