マグミクス | manga * anime * game

「ジャンプ」印象的な「サングラスキャラ」4人 主人公のそばにいる愛すべき存在

マンガやアニメ作品に必ずと言っていいほど登場する、サングラスがトレードマークのキャラクター。ミステリアスだったり、キザなイケメンタイプだったり、個性が強くてファンから高い人気を集めることが多い印象です。魅力的な“サングラスキャラ”を「週刊少年ジャンプ」掲載作品からピックアップして紹介します。

超大人でクールな性格が魅力の“脱サラ呪術師”といえば?

(画像:写真AC)
(画像:写真AC)

 サングラスがトレードマークのキャラクターは、みなさんの好きなマンガ・アニメ作品にも必ずと言っていいほど登場しているのではないでしょうか?

 素顔が隠れていてミステリアスな魅力を持つ印象的なキャラや、サングラスがバッチリ似合うキザなキャラなど、多種多様なタイプが存在します。

 この記事では、作中で欠かせない大活躍を見せる“サングラスキャラ”を「週刊少年ジャンプ」掲載作品から4人選んで、その魅力とあわせて紹介します。

●『呪術廻戦』七海建人

 2021年12月24日に『劇場版 呪術廻戦 0』が公開された、芥見下々先生による人気作品『呪術廻戦』。同作においてトップクラスの人気を誇るキャラクターが「ナナミン」の愛称で親しまれる一級術師・七海建人(ななみ・けんと)です。

 七海は、水泳ゴーグルのようなタイプのサングラスがトレードマークのキャラクター。呪術高専卒業後に証券会社へ就職しますが、再び呪術師の世界に戻ってきた“脱サラ呪術師”です。主人公・虎杖悠仁(いたどり・ゆうじ)を支え、大きな影響を与えました。

 虎杖との初対面の時、七海は「私が高専で学び気づいたことは、呪術師はクソということです」「そして一般企業で働き気づいたことは、労働はクソということです」「同じクソならより適性のある方を。出戻った理由なんてそんなもんです」という印象深いセリフを吐くという、クールでユニークな登場でした。

 そんな七海の魅力は、大人感満載のセリフまわし。元サラリーマンだけについつい納得してしまうシーンが多いのです。虎杖と共に改造人間と戦った際に「枕元の抜け毛が増えていたり、お気に入りの惣菜パンがコンビニから姿を消したり そういう小さな絶望の積み重ねが人を大人にするのです」という言葉を虎杖に伝えました。世の中のサラリーマンたちは共感するところが多いのはないでしょうか。呪術師ながらも、セリフから垣間見える一般的な感性に人気が集まるようです。

「仕事に私情は持ち込まない主義」というモットーを語る“超大人”な七海ですが、虎杖や仲間に対して感情的になるシーンも見られます。基本的にはクールな一方で、時折ヒートアップするギャップがまた魅力的なキャラクターなのです。

 ちなみに、筆者は“最強”呪術師・五条悟(ごじょう・さとる)が高専生時代にかけていた丸いサングラス姿も、イケメンすぎて魅力的に感じています。

1 2