マグミクス | manga * anime * game

主人公よりも人気になったジャンプのサブキャラたち 作者に気に入られ活躍した者も…

ジャンプの人気マンガでは、サブキャラが主人公よりも人気者になるケースがしばしばあります。今回は、公式のキャラクター人気投票の結果としてサブキャラが主役より上位になった例を紹介し、その理由も考察します。

ジャンプの歴史を変えた「飛影&蔵馬」コンビ

『鬼滅の刃』原作コミックスの人気投票第2回で堂々の1位となった我妻善逸。画像はTVアニメ『鬼滅の刃』に登場する善逸 (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
『鬼滅の刃』原作コミックスの人気投票第2回で堂々の1位となった我妻善逸。画像はTVアニメ『鬼滅の刃』に登場する善逸 (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 少年誌の人気バトルマンガでは、出ずっぱりの主人公よりもおいしい場面をさらっていくサブキャラの方が人気になるパターンが珍しくありません。今回は「週刊少年ジャンプ」の4作品から、「主役の人気を超えたサブキャラ」を紹介します。

●『鬼滅の刃』の我妻善逸

 近年の主役を超えた人気キャラの代表格と言えば、間違いなく我妻善逸でしょう。『鬼滅の刃』のなかでいちばんギャーギャー叫んでいるキャラですが、きつすぎる修行を嫌がったり、鬼におびえたり、可愛い女の子にテンションが上がったりと、最も普通の人間に近いメインキャラとも言えます。常に前向きで精神的には初期段階でもう完成されている主人公・炭治郎と違い、気絶したら急に強くなるという情けない状態からどんどん鬼殺隊の剣士として成長していくギャップも、人気の一因でしょう。

 また、2017年5月の第1回人気投票では炭治郎に次いで2位だった善逸は、連載終了後の2020年10月に発表された第2回人気投票でぶっちぎりの1位(4位に後退した炭治郎と比較するとほとんどダブルスコアの票数)に輝いています。この躍進には、2019年から始まったアニメでの必殺技「霹靂一閃」の演出のかっこよさ、善逸の声を担当した下野紘さんの名演も大きく寄与したのではないでしょうか。

●『幽☆遊☆白書』の飛影と蔵馬

 90年代ジャンプ黄金期を支えた人気マンガ『幽☆遊☆白書』の飛影と蔵馬の人気は、凄まじいものがありました。同作をきっかけにジャンプに女性読者が増えたともいわれており、その台風の目となったのがこのふたりです。

 それぞれ単行本7巻、12巻に収録されている2回の人気投票では飛影が連続1位、蔵馬は1回目が主人公・幽助に次ぐ3位で、2回目で幽助を退けて2位に輝いています。もとは高名な魔界の盗賊で、クールな性格に圧倒的戦闘力を持ちながら見た目はかわいらしい子供の飛影と、魔界で恐れられた妖狐でありながら圧倒的にビジュアルが美しい蔵馬。ふたりは深い絆で結ばれており、蔵馬が苦戦(なぜか血まみれになることが多い)していると、飛影がフォローするかのように彼を高く評価する発言をする場面もありました。

「飛影派?蔵馬派?」という論争が起きるほどの人気キャラ同士ですが、このふたりの関係性が好きという人も多く、相乗効果で圧倒的人気を獲得した例といえるでしょう。

【画像】主役を食うほどの人気キャラを単行本表紙で見る(4枚)

画像ギャラリー

1 2