マグミクス | manga * anime * game

『ジョジョ』の難解なスタンド能力 初見では理解不能?敵を爆発させ時間が戻る…

『ジョジョの奇妙な冒険』の大きな見どころは、スタンド能力による戦いです。当初はバトルに直結した能力が多く、わかりやすいものでしたが、部が進むにつれ、難解・複雑・独創的なスタンドが増えてきました。今回は特に難しくなってきた第4部、5部のスタンド4体について解説します。

「時間を止める」と「時間を消し去る」の違いは?

ディアボロのもう一つの人格・ヴィネガー・ドッピオの存在もストーリーを複雑化させている。画像は『ジョジョの奇妙な冒険 第5部』第7巻(集英社)
ディアボロのもう一つの人格・ヴィネガー・ドッピオの存在もストーリーを複雑化させている。画像は『ジョジョの奇妙な冒険 第5部』第7巻(集英社)

 人気マンガ『ジョジョの奇妙な冒険』は第3部からスタンド能力による戦いが始まりました。当初、登場するスタンドはバトルに直結した能力が多く、わかりやすいものが多かったのですが、部が進むにつれ、難解・複雑・独創的な能力が増えていきました。それもまたストーリーに厚みが出て楽しいのですが、一読では理解が難しい場合もあります。そこで、今回は特に難解な第4部と5部のスタンド4体について解説します。

「ありのまま 今 読んだことを書くぜ」

●ディアボロ「キング・クリムゾン」

 第5部の主人公ジョルノ・ジョバァーナらが所属するギャング「パッショーネ」のボス・ディアボロのスタンドが「キング・クリムゾン」(以下:K・クリムゾン)です。このスタンドの能力は「時間を消し去る」というものでした。原作では消し去れる時間を十数秒としています。この難解な能力によって起きていることを少しだけわかりやすく描写しているシーンの例を挙げます。

1.フーゴがジョルノにカバンに入った水のペットボトルを取ってくれと頼む
2.ジョルノがカバンから水を取り出す
3.フーゴが水を飲む

 2と3の間には本来「ジョルノがフーゴに水を渡す」「フーゴがペットボトルの蓋を開ける」といった工程があるはずですが、別場所でK・クリムゾンが能力を使ったため、上記の工程分の「時間」が消し去られました。なおかつジョルノもフーゴも消し去られた工程の意識がなく、唐突に「フーゴが水を飲む」という結果に結びついているため、不思議がるしかありませんでした。

 これをバトルに使うとします。たとえば、「ゴールド・エクスペリエンス」(以下:ゴールド・E)が「K・クリムゾン」に殴りかかるという行動をとろうとしたとき……

1.ゴールド・Eが殴り掛かるという軌跡は存在する
2.ただし、K・クリムゾンはゴールド・Eが拳を振り上げコンタクトするまでの「時間」を消し去ることができるうえ、その時間内、ある程度動けるので回避が可能(接触は不可能なよう)。
3.ゴールド・E(ジョルノ)には「消し去られた時間」の意識はなく、意識を取り戻した時に拳はコンタクトしたものと思い込む
4.しかしコンタクトしたと思った場所にK・クリムゾンはおらず、消し去った時間内にK・クリムゾンはゴールド・Eの背後などに回り攻撃する

 こうやって見ると、「DIOの『ザ・ワールド』の『時間停止』と何が違うのか?」 となりますが、上記の例でいうとザ・ワールドは「時を止める」のでジョルノの殴りかかる軌跡を途中で止めることができ、止めている時間内に回避し、時間が動き出したらジョルノを攻撃できる、ということになります。ザ・ワールドとK・クリムゾンのどちらが強いかは、能力発動のタイミング次第になりそうです。

 この他、K・クリムゾンには「エピタフ(墓碑銘)」という「未来予知」能力もありますが、長くなりそうなので次の機会にします。

1 2 3