マグミクス | manga * anime * game

天才マンガ家に国民的キャラが「降ってきた」瞬間3選 連載開始ギリギリで目に入ったのは…

マンガ大国日本にはたくさんの国民的キャラクターが存在します。果たして彼らはどのようにして誕生したのか? その歴史的瞬間を紹介します。

テレビ?子供のおもちゃ?編集者?

『西遊記』に着想を得た、『ドラゴンボール』主人公の孫悟空。画像は「DRAGON BALL  完全版」1巻(集英社)
『西遊記』に着想を得た、『ドラゴンボール』主人公の孫悟空。画像は「DRAGON BALL 完全版」1巻(集英社)

 いったいあのキャラクターたちはどこから「降ってきた」のでしょうか?

 天才と称されるマンガ家に共通するのはなんといっても強烈なインスピレーション、ひらめく力です。神すらも見落とすわずかな瞬間に、とんでもない傑作のアイデアがふっと彼らの上に降り注ぎ、それがのちの代表作になる……なんてことも珍しくありません。この記事では、そんな天才マンガ家が国民的キャラクターを思いついた、意外な瞬間を紹介します。

●『ドラえもん』のモデルは……おきあがりこぼし

 天才マンガ家のひらめきの瞬間といえば『ドラえもん』の誕生秘話を思い浮かべる人も多いでしょう。1970年のお正月、小学館の学年別学習誌などで連載が開始され、日本を代表するマンガとして今なお読み継がれている同作品ですが、実は連載開始ギリギリまで藤子・F・不二雄先生は主人公のアイデアに悩み続けていました。

 いよいよ間に合わなくなる頃、タイムマシンでもあれば良いのに……などと半ば捨て鉢になっていると、娘さんが大事にしていたおきあがりこぼし人形(ポロンちゃん)が目にとまり、その姿から「ドラえもん」が降ってきたといいます。このエピソードは1978年11月発行の『コロコロデラックス ドラえもん 藤子不二雄の世界』で詳しく描かれています。また藤子・F・不二雄ミュージアムでも短編アニメ『ドラえもん誕生』として2020年2月より放映されました。

●『笑ゥせぇるすまん』の喪黒福造は「11PM」を見て思いついた

 藤子不二雄A先生もまた、実に劇的なインスピレーション体験をお持ちです。それは1968年、『ビッグコミック』掲載の読み切りを執筆していた時のこと。大人向けマンガの主人公ということでインパクトのあるキャラクターにできないかあれこれ思案しつつ、休憩がてらテレビをつければ深夜番組「11PM」で司会をしていた大橋巨泉氏の「画面からはみ出しそうな迫力」に何かが降ってきました。

 A先生がそのまま作り上げたキャラクターこそ『笑ゥせぇるすまん(原題:黒ィせぇるすまん)』の喪黒福造でした。あの時、もし裏番組を観ていたら「ドーン!」は誕生していなかったのかもしれません。しかも、同作品はのちに大橋巨泉氏が進行のTBS「ギミア・ぶれいく」内でアニメ化もされるのですから、ご縁というものは不思議です。 

●言われてみればすごい飛躍……『ドラゴンボール』悟空のデザイン

 もはや当たり前になりすぎて、誰も疑問を挟むことすらなくなってしまいましたが、世界的マンガ『ドラゴンボール』(著:鳥山明)の主人公である孫悟空は完全に『西遊記』のお猿と同じ名前。いったい、どうしてそのような飛躍が生まれたのでしょうか。やはり鳥山明先生の天才性がキャラクター造形の神を降臨させたのでしょうか。

 フタを開けてみれば意外とその過程は泥臭く、最初の構想時点では『西遊記』にほぼ忠実なストーリーで進めようとしており、孫悟空もお猿の姿をしていました。その後、さすがに主人公は少年にしようとなり、尻尾などの要素が残され、7つ集めると願いがかなうドラゴンボールのアイデアなども追加されていったのです。

「降ってきた」アイデアに人の意見を柔軟に取り入れる力もまた、鳥山先生の偉大な側面です。なお、「ギニュー特戦隊」は当時、子供と一緒に観ていた『地球戦隊ファイブマン』から着想を得たそうです。

 ここまで、誰もが知る国民的キャラクターがいかにしてマンガ家のもとに降ってきたのかを紹介しました。他にも、藤子不二雄作品の「ラーメン大好き小池さん」のモデルはトキワ荘の同志でアニメーターの鈴木伸一さんでした。少し意外なところでは「バキ」シリーズ(著:板垣恵介)の範馬勇次郎は背中に鬼の顔を持つ特殊な筋肉構造ですが、これは小説『レッド・ドラゴン』(著:トマス・ハリス)でドラゴンの刺青を背中に入れている人物から着想を得たといいます。

 また『風の谷のナウシカ』(著:宮崎駿)の王蟲はオーストラリアのカタ・ジュタという岩山より着想を得た……といった噂がひとり歩きしていましたが、こちらは公式から否定されています。「あの宮崎駿ならそれくらいのイマジネーションは働くかもしれない」という絶対的な信頼がこうした噂を広める要因だったのでしょう。

 これからも国民的キャラクターは誕生し続けることでしょう。果たしてそれがどのクリエイターもとへ「降って」くるのか……楽しみでなりません。

(片野)

【画像】読者には想像もつかない? 意外な発想で生まれた国民的マンガのキャラクターたち(6枚)

画像ギャラリー