マグミクス | manga * anime * game

『ワンピース』の謎の一つ、「ロックスの意思を継ぐ者」は黒ひげか? 意外に多い共通点

「海賊王」ゴール・D・ロジャー以前に名を馳せた伝説の海賊、「ロックス海賊団」船長ロックス・D・ジーベック。そんなロックスと現在の四皇のひとり「黒ひげ」には、多くの共通点があります。「黒ひげ=ロックスの意思を継ぐ者」説を唱えるファンも少なくありません。この記事ではふたりの共通点を解説しつつ、関係を考察していきます。

四皇「黒ひげ」が伝説の海賊ロックスの後を継ぐ!?

ロックス海賊団について初めて詳しく言及される『ONE PIECE』95巻(集英社)
ロックス海賊団について初めて詳しく言及される『ONE PIECE』95巻(集英社)

「海賊王」ゴール・D・ロジャー以前に名を馳せた、伝説の海賊「ロックス海賊団」船長ロックス・D・ジーベック。元部下3人(白ひげ、ビッグ・マム、カイドウ)が四皇になるなど、ロックス自身は故人ながらも強い存在感を放っています。そして、実はロックスと「黒ひげ」ことマーシャル・D・ティーチには多くの共通点があり、「黒ひげこそロックスの意思を継ぐ者」と考えるファンは少なくないのです。

 黒ひげは白ひげと入れ替わる形で現在の四皇に成り上がったので、経歴だけ見るとロックスとの接点はありません。ところが作中で明かされている情報を照らし合わせると、ふたりの間に偶然とは思えない共通点がいくつも出てきます。

 たとえばロックスの本名はロックス・D・ジーベックですが、黒ひげのミドルネームも同じくD。しかも黒ひげの乗る船の名前は「サーベルオブジーべック(ジーベックの剣)」号です。Dの名前を持つキャラは他にもしばしば登場しますが、ロックスの本名と船名の一致は無視できません。

 さらに黒ひげの拠点・海賊島ハチノスは、なんと「ロックス海賊団」結成の地でもありました。わざわざロックスゆかりの場所を本拠地にするなんて、何か関係があるとしか思えないですよね。ちなみに黒ひげは現在40歳で、ロックスが死亡したのは作中から38年前の出来事。黒ひげの年齢的に、ふたりの間に血のつながりがあってもおかしくありません。

 仮に血を引いてなかったとしても、黒ひげとロックスはルフィとゴール・D・ロジャーの関係との対比になっている可能性はあります。ロックスの抱いた「世界の王」になる野望を実現すべく暗躍する黒ひげと、自由に生きたゴール・D・ロジャーのように「海賊王」を目指すルフィ。ふたりの生き様はとても対称的です。

 黒ひげは「ロックスの意思を継ぐ者」なのか、あるいは親子なのか。張り巡らされた伏線が数多く回収され始めているので、黒ひげとロックスに共通点が多い理由についてもいずれ明かされるかもしれません。

(マグミクス編集部)

【画像】黒ひげ海賊団船長、マーシャル・D・ティーチの活躍を振り返るエピソード(4枚)

画像ギャラリー