マグミクス | manga * anime * game

マンガ・アニメ最強の「時間操作能力」3選 結果が残念すぎる不遇キャラも

時を止める、時を巻き戻す、時を早く進める、時をスキップさせる……バトル系のマンガ・アニメで描かれた時間操作能力のなかで一番恐ろしいのはどれなのでしょうか。最強に近い3つと、強いはずなのに活躍できなかった時間操作キャラを紹介します。

微調整も可能でスキがない「時間操作」能力

時間を消し飛ばす最強スタンド能力「キング・クリムゾン」が表紙の『ジョジョの奇妙な冒険』第7巻(集英社)
時間を消し飛ばす最強スタンド能力「キング・クリムゾン」が表紙の『ジョジョの奇妙な冒険』第7巻(集英社)

 現実世界では、時の流れは一方方向に流れるだけで人間にはどうしようもありませんが、2次元の世界には「時」を操作する恐ろしい能力が多数出てきます。今回はマンガ・アニメで描かれた恐ろしい時間操作能力を3つ紹介します。

●『ジョジョの奇妙な冒険』ディアボロの「キング・クリムゾン」……未来を予知し、時間を消し飛ばす

『ジョジョの奇妙な冒険』にはこれまで数々の時間操作スタンド能力が出てきましたが、そのなかでも特に凶悪なのが5部のラスボス、ディアボロのスタンド「キング・クリムゾン」です。

 この能力は、十数秒程度の任意の長さで時間を「消し飛ばす」ことができます。時間を消されると、相手にとっては自分の行動の結果だけが残り、その過程を認識できません。そして、ディアボロと「キング・クリムゾン」だけがその消し飛んだ時間のなかを自由に動けるので、攻撃されても相手の後ろに回り込んで反撃が可能です。弾丸で撃たれても時間を消せば、自分は当たらず、別のものに命中する結果だけが残ります。

 おまけに「エピタフ」と呼ばれる能力で十数秒先の未来がスクリーンに映し出されるような形で予知できるので、それに合わせて時間を消す能力の発動が可能という、隙のない無敵スタンドでした。

●『トリコ』鹿王スカイディア……特殊空間を作り出し、そのなかだけ一気に時間を進める

 グルメバトルマンガ『トリコ』に登場した、グルメ界を統べる猛獣たちの王・八王の一角である鹿王スカイディア。体長6万メートル、捕獲レベル6450のこの最強生物の一番の武器は、時間を早く進める「裏のチャンネル」の空間を作り出し、相手を閉じ込める能力です。

 ラスボス「ネオ」との最終決戦では、この空間に相手を閉じ込め「1秒で1000年」が過ぎていくような時間の加速攻撃を加えました。詳しくは不明ですが、進められるスピードも範囲も制限はなさそうです。さらに、鹿王の角部分にある森に住む猛獣たちを空間内に送り込んで戦わせていた際は、猛獣たち側だけ時間の加速の影響を受けないようにするなど、細かい操作も可能な恐ろしすぎる能力です。

【画像】マンガ・アニメの「時間操作」能力者たちの活躍を振り返る(4枚)

画像ギャラリー

1 2