マグミクス | manga * anime * game

『ジョジョ』の怖すぎる自動追跡型スタンド4選 スタンドが産んだ子どもが学習する?

『ジョジョの奇妙な冒険』に登場するさまざまなスタンド能力のなかでも、最も不気味で手に負えないのが「自動追跡型」スタンドです。本体の手を離れ、無限に追いかけてくる恐ろしさ、ダメージが本体に伝わらないチートスタンドもありました。今回は4部以降の最恐追跡スタンドを紹介します。

追いつかれると養分を吸い取られる……

学習し成長する恐ろしい自動追跡型スタンド「ベイビィ・フェイス」が登場する『ジョジョの奇妙な冒険 第5部』第8巻(集英社)
学習し成長する恐ろしい自動追跡型スタンド「ベイビィ・フェイス」が登場する『ジョジョの奇妙な冒険 第5部』第8巻(集英社)

 『ジョジョの奇妙な冒険』(著:荒木飛呂彦)には、実にさまざまなタイプのスタンド能力が登場します。スタンド能力は本体の精神エネルギーを具現化したもので、基本的には本体に対し影のようにぴったりと寄り添っていることが多いです。ところが、物語が進むにつれて本体の意思を離れ、自動でターゲットを追跡して始末する厄介な「自動追跡型」のスタンド能力が登場しました。今回は各部ごとに、特筆すべき自動追跡型スタンドを紹介します。

●「ハイウェイ・スター」第4部

 自動追跡スタンドが登場したのは第4部からでした。なかでも読者の背筋を凍りつかせたのが、入院中の高校生・噴上裕也の操るスタンド能力「ハイウェイ・スター」でしょう。疾走感あふれる名の通り、標的にした相手を追って、追って、追いかけまくる能力です。

 時速60㎞の速度で自動追跡してくるので、それ以上の速度でとにかく逃げ続けるしかありません。追いつくと相手の養分を吸い取り、戦闘不能にしてしまうのも恐ろしいです。岸辺露伴もやられてしまい、東方仗助も絶体絶命のなか、なんとか本体を見つけて叩くことで辛くも勝利しました。バイクに「足跡」がビタビタビタと迫り来る視覚的な演出がまた、最高にホラーなスタンドです。

●「ベイビィ・フェイス」 第5部

 第5部前半の敵、暗殺チームの面々のスタンドは容赦のない殺傷能力抜群のものが多いのですが、なかでもメローネが操る「ベイビィ・フェイス」は、ファンの間でも「最悪!」と言われるスタンド能力の一つです。パソコン型の親スタンドが標的の血液と母体となる女性の体を用いて、「自動操縦型スタンド」の子供を生み出すとい能力。誕生したジュニア「ベイビィ・フェイス」は、母体となる女性の性格や言葉遣いによって知らぬ間に教育が施され、最終的に自分で考えて行動する殺戮スタンドへと成長していくのです。この時、子「ベイビィ・フェイス」に自分を含むさまざまな物質を別のものへと変換する能力が萌芽します。どう考えても、最悪です。

 言葉や意思を持たぬ他の自動追跡型と違い、知性を獲得するため、時にはメローネの指示にも反抗的な態度を取るなど、御しがたいスタンドですが、本体を殺害しない限りは何度でも再生可能という悪夢さながらの恐ろしいスタンドでした。母親になる女性を選定して親スタンドを仕掛ける時の、メローネの変態すぎる手口も鳥肌ものです。

【画像】自動追跡型スタンドを打ち破った、『ジョジョ』主人公たちのエピソード(4枚)

画像ギャラリー

1 2